思い切って削ぎ落として、バランスを調整する時のようですょ。

それにしても、バッサリ伐採したな~






shiho
 2017_09_03



長男の夏風邪は長かった。
ひとり調子悪いと出かけれず、結局みんな家にいてしんどい子が休まらん夏休み。

そんな中で、ふつふつとしてきた思い。
私は、どうして厳しくしてしまうんやろ。
ぐるぐる。
外から見たらいぃお母さんらしい。
よその人にいいお母さんと思われたい、とは全く思ってない。
子どもたちにとっていい母になっていきたい、という思いと、世の中の不安との狭間。

冷たい視線、低い声、スキンシップできない、私を感じる。

向き合うことがたくさんありそう。
母とのこと。母のこと。
長男とのこと。長女とのこと。

自分で自分を癒す。
少しずつ。

今、少し、その時なんやな。

少しずつ、少しずつ。




shiho

 2017_08_30



タイガとふたりでゴロゴロしてる時、タイガがなんの脈絡もなく唐突に「父ちゃん、おじいちゃんになってもずっと小豆島におってな。俺、帰って来るから。」と言った。
唐突すぎて普通に「あぁ、ずっとおるよ。」と答えた。
そしてタイガはまたすぐに遊びだした。

少し時間が経って、じんわりと温かいものが広がっていく。
タイガにとって、小豆島はすでに帰って来る場所なんやな。小豆島に来たこと、こういう暮らしを選んだこと、間違ってなかった。

ありがとう、タイガ。ずっとおるよ。


 2017_08_29



長引く子どもたちの体調不良

私の心の不調

双方向に関係しあってる
そゆことかなと


夏休み、「なんで、私ばっかり」て、一番身近な夫にイライラすることが多くて、、、
向き合ってみる。

私は乳児いて仕事しながら上の子たちのやりくり食事作り同時進行、分単位で動いていて夜までひとりで座れないこともあるんやけど、彼は日中気楽にしている(ようにみえる)ことに、要は私はイライラしてる。
1日のうちちょこちょこ小説を読んだり日中SNSをチェックしたりメールする時間がある、毎日ビールを飲んでいる、夕飯食べたら自室へ、ひとりで出かける、等々書いてみるとそれはそれはたくさん積もってることに気付く。

整理。

家事を整理したら、彼もかなり、そうかなりのことをやってくれてることがよくわかる。ゴミ出し水やり草刈り洗い物食器片付け洗濯炊飯風呂入れ等々。
乳児いながら仕事に行くことにし、昼休みに授乳に行き、15時半には迎えに行くことにしたのは、私。
昼間全く時間がない分私は夜ぐうたらして寝るのも遅く朝起きるの遅い、彼が朝ご飯しててくれることが多い。
時給で働く私とは時間の使い方が違う。
一方で勝手に私が自分でやらなあかんと決めこんでやってることが結構多い、彼にも頼めることは穏やかに頼んでみよう。

手を抜けることはだいぶん、そうだいぶん抜いてきてる。
それでもやはり夫婦ふたりに子どもよにんは溢れる、外部に頼めることは頼みたいところ…家事代行も悪くないよねと思える。



shiho









 2017_08_22



実家にて長男の熱がぶり返し。
一週間安静にしてよくなったところ。

まだしばらく預ける予定が、連れて帰ることに😭

三女も発熱。もう何度目かわからん。
ずっと抱っこやけど、食欲あり。
私は3日の大阪で、ケーキを受け取りに自転車を走らせただけで残念ながらも、体力温存したまま3日炊事から解放、えかげん充電できた。

帰ってもまたしばらく泳げんのか凹
それが1年の楽しみやのに。

長男の初めての音楽部に振り回された、夏。

お出かけもキャンプも海もプールも、残念ながらの夏休み。

束の間2人預けられ少し頑張れると思ってたのが叶わず、落胆大。

ここまで全てあくまで私の思い。

子どもたちは、海はそこにあるだけ、もちろん行けたら嬉しいし、でもずっとテレビでもいいわけ。

泳ぎたかったけど、泳ぐだけじゃない、海の楽しみを。
これから夕方涼しくなってくる。




今回母がしきりにあと5年と言ってたのが引っかかる。
あと5年じゃ短いよ!
10年は元気で、自分の足で歩いて下さい!

帰りはいつも切ない。
帰るのが嫌なんではない。
自分で選んだ道を、後ろから見守ってくれているから。
喉元まで出かかった言葉を、いくつも飲み込んで応援してくれているから。
確実に老いていっているから。
今日はいつも以上に切ない。出発後、静かに大泣き。

ひとつひとつは、やっぱり奇跡なんやな。
大切にするだけ。


島に降り立った。
地に足つけた。
腹据えた。
力でてきた。


shiho
 2017_08_14




09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.