FC2ブログ

長女、キャンプへ


長男が毎年参加していた、徳島の自然スクールトエックの夏休みキャンプ、今年も音楽部と実家に帰省する合間にと申し込んでいた。1年生になった長女も、兄が行くなら行くと、2人分。

しかし、長男体調不良。
兄が行かないなら私も行かないと言っていた長女に、お楽しみ&安心ポイントいくつか話すと、行ってみる気に。
荷造りしながら、交換用名刺をつくり、気分↑↑。

当日も、一度もぐずらず。
不安な様子は高松からの高速バスに乗せて別れるときに一瞬みせたが、ほんの1秒もなかった。
産まれてきたときと同じ、あの目。

特別人見知りで恐がりの彼女。慣れるまで時間が人一倍かかる彼女が。
覚悟を決めた顔は、とてもかっこいい。
やる時はやるな。
見習いたい。

徳島まで1時間半ひとりバス旅。徳島駅で友人が待ってくれていて、キャンプに送り出してくれる。

いつまでも行かせてあげられないから、行ける時に、楽しんでおいで!
自分の気持ちをゆっくり感じ、自分のやりたいことを自分で決めていく世界、どう楽しんでくるかな。
自分らしくいられたら。

私やったらどうするやろと、思いを巡らせてみる。
子どもの時でなくて、今の私。
自分が自分でいられる、認められている世界。
評価や褒めることはされない。
自分で、周りと折り合いつけて、やりたいことをしていく。
様子みるかなぁ。自分から話しかけるかなぁ。今なら…話しかけるな。
友だちほしいけど大きな輪には入りたくなくて、気の合う人をさがせずにいたら1人で散歩したり空眺めたりするなぁ。でも料理や物作りならアイデア出し合ってワイワイ言いながらするのもいいな。スポーツや体を動かすのも、誰かと一緒が楽しいな。
朝は早起きして散歩したい。
夕方と夜の変わり目をじっくり味わいたい。
外に寝転んで深呼吸したい。
物は必要最低限でいい。
素直に気持ちを伝えれるかなぁ。折り合いつけれるかなぁ。言葉と気持ちのやりとりに自信やっぱりないやぁ。
何より、リラックスの中で、自分としっかり向き合う時間、辛いかもしれんけど、が持てるやろな。
等。

今の暮らしとどう?

夫と、子どもたちと、うまいことコミュニケーションとりたいと思ってるけど、うまくいかない。折り合いというより、自分の思うようにしたい思いが手放せてないんかな。
事務的なやらなあかんことが多い。子どものこと含め暮らす上での確認・手続き・調整・諸連絡・買い物・送り迎えがやたら多すぎて。それは最低限仕方ない、効率よくやるしかない。
子どもにやらせなあかんことにも埋もれかけてる。宿題、物の管理。やらせなあかんことなんてないのかどうなのか。
時間に追われてる。ご飯風呂歯磨きさっさとせな早く眠くなる子がおって余計グダグダになってくる。毎日追われんでもいいやんね。たまには。
たまには、料理一緒にしてみよ。
早起き。してみよ。
好きな場所で、子どもとの暮らし、仕事。やりたいこと、結構やってる。
評価は気にしてないという自覚。

忘れたり置いてきたり、してるんやなぁ。
こども4人になったことに、まだついていけてない。どこか、なにか。
今ここより、少し足が浮ついて、且つ、つんのめったかんじ。


束の間の高松ひとり。
用事を済ませ、土産を買い、アガペと蜷川実花展。
ザワザワする。
長女を外の世界に出したからではない。自分がいかに危うい綱渡りをしてるかのザワザワ。ゾワゾワの方が近いか。涙が出てくる。
このゾワゾワ、帰ったら胸と腹に手を当ててゆっくり呼吸して、今の自分を味わって、落ち着けよう。

お決まりギリギリ乗船。





今月で高速艇が終わると初めて知った。
不便になるな。


shiho
関連記事

 2017_08_09


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


01  « 2020_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.