FC2ブログ

久々に、子連れ移住について


子どもにのびのびさせたい、とお思いの移住希望の方でこのブログを訪れてくれる方もおられるようで、嬉しいこと。
移住にまつわることはこの頃ほとんど書いていないけど、よくある質問を何点か、私たちのほんの5年の経験から言えることで少し。

・家はどうやって捜したのか
→空き家バンクの物件を見せてもらったりしながら、友人の紹介やSNSでつながって、島の友だちができていった。
彼らに不動産屋(都会で言うような不動産屋はほぼない)を教えてもらって話をきいたり、最終的には友だちになった家族が近所の空き家の大家を説得してくれ、決定。
家探しは最も苦労することだが、本当にご縁としか言いようがない。
白アリ注意。
とりあえず住んで、住みながらまた探すのも。

・住むにはどこがいいか
→小さい子連れなのでシチュエーションより人口の多そうなエリアを優先した。
どこに行っても空き家だらけ、子どもはいててもほとんど保育園や学童に行っていて平日の遊び相手探しは難しかったりする。
人口が多いところは=便利ということでもあるし、確率的にも近くに子どもがいてることも多いかも。同時にもちろん自然豊かな訳ではない。
シチュエーション最高の限界集落でもたまたまごく近所に同じ歳の頃の子どもがいるかもしれないし、これもご縁かと。

・車の免許ないです
→子連れなら絶対に取ってから引っ越してくることを勧めます!
始めのうちなんとかなっても、子どもの行事、習い事や部活の送迎でヘビーに要。
一旦来てからは高松に通うしかないので、子連れの人はみんな何ヶ月か実家に帰って取得しに行ってます。

・小さい間は子どもと一緒に過ごしたかったのに子どもと孤立しがち、仲間がほしい
→親子ともつながりの中で子育てするのがとても大切だと思います。
公園に行ってももちろん海や山に連れて行ってもなかなか子どもはいません!
移住者は多いので、積極的につながって、気の合う人をみつけていったらいいのではと思います。
子どもが幼稚園・こども園の幼稚園籍や小学生なら、近くに親子とも友だちができやすいと思います。
未就園児なら、支援センターかしましま。
支援センターはお嫁に来た人が多くて、気の合う人もいるかも。
しましまは、移住者の仲間ができるかな。つなぎますので連絡or移住・定住サポートのトティエに相談を。

・島での子育てと都会の子育て→
治安の心配が少ない、送迎必至、良くも悪くも習い事が限られる、部活などするようになると遠征が大きなハンディ、良くも悪くも選択肢や人間関係が限定される、医療(小児科1つ、耳鼻科1つ、専門的なことは島外)、学校教育の質、香川型教育の時間的拘束の長さ、香川は小学生も学ラン、子ども用品の買い物の不便さ、普段海や山で遊んでるわけではない

意外かもしれませんが、子どもたちは自然の中にはいません。もちろん家族で若しくは声かけ合って海や山で遊ぶことは可能、アクセス容易。
大人がやりたいことあって子どもは保育園にという方は悩まれないかもしれませんが、自然の中でのびのび育てたい、という思いで移住先を探されるのであれば、既存の森の幼稚園やのびのび系の学校のある地域へ行かれるか、つくる?!島なので島の外から人が集まりにくいのでつくるのはなかなか。既存の教育に盛り込んでいくことは可能性大と思います。

子どものためでなく自分のための移住である、都会と比べずお互い様感謝する気持ちを忘れない、とりあえずでもここで生きていくと腹を据える、自分をしっかり持ちながら柔軟に楽しんでいく、これができれば大体大丈夫なんじゃないかなーなんて思います。

子どもはどうかわからんけど、私はもちろん、こんなに美しく美味しく楽しい小豆島に住んでほんとによかった!




shiho
関連記事

 2017_06_11


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


01  « 2020_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.