気が散るお年頃

Category: 島暮らし  

一生懸命に母乳を飲んでいた三女、
この頃、兄ちゃん姉ちゃんの出す音に気が散って、乳首を口から離してそちらを確認するようになった。
確認し終えたら、何でもなかったかのようにまたこちらを向いて乳首をくわえて飲み出す。
じろーっと見た後、思い出すかのようでも、慌てる様子でもなく、そのなんでなかったような再開が、あまりにも愛らしくって、おもしろくって。

生後150日。
早いなぁ!


寝返りあと一歩。座布団におさまりきらなくなって、大雅の大相撲大入り座布団を二枚並べた、赤ちゃんらしくないsioriスペース。

shiho
関連記事

 2017_02_13


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


01  « 2018_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.