しおり初お山

Category: 島暮らし  

あったかいということで、
かなり久々の自然楽校に、
思い切って全員で。

夫が上何人かを連れて行ったらお互いずいぶん動きやすいんやけど、なんだかもうないかもしれないチャンスに思えて。

登ってみたかった飯神山。
大人の足で30分。
急な勾配も、シマは何十回と滑ったり転んだりして、1時間半かけて自分で登った。
どんなけ転んでも、立ち上がる力強さ。
いつも抱っこ紐に入れてたから、多分これが初めてのこと。

シズも、相変わらず最後5分のところで調子出るという人見知り、タイガは降りてきてから工事資材のブロックから落ちて膝を打撲したり土庄の友だちのとこ行きたいとゴネたり、上二人はなんやもうタイヘンすぎるんやけど、志織はいいかんじで寝ていて、風もなく、今まで見たことのない景色と、乾いた葉っぱの上を歩く音と、久々に会う友人たちと大きくなったその子どもたち、そしてよその子を通して子どもはそれだけですごいと思えること、これらはかけがえのない宝物の時間。

今日一番成長したのは、ずっと夫の抱っこ紐に入っていた、箱入り娘のシオリかもしれない。
家に帰ると、ものすごいパワフルな動きと泣き方、表情もしっかりした。
夕飯食べたがってしゃあなくて、試しにあげたら、飲み込めた。先週は食べたくてもまだ口がベーやったのに。




shiho
関連記事

 2017_01_29


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.