わからん


社会に無関心でいることの方が、知らない方が、疑問をもたない方が、悩まなくて不安にならなくて済む。

子育てにおいて難しいのは、
自分のことでないことに、
悩まず不安にならず、大らかな優しい気持ちで接する方がよっぽど子どもの幸福感は大きいのか。

親が、社会に関心をもって、知って、悩んだり不安になることで、子どもを不安にさせたり抑圧したりすることにつながるなんて愚かなこと。

それでも、子どもたちの子どもたちに影響のあるかないかわからない、食品や予防接種の遺伝子組み換えには、不安にならずにはいられんよ。
自然や生き物を、子どもたちに残したいよ。
どの子も戦争に行かせたくないよ。

家の中ではそうできても、社会とのつながりではそうもいかんから、私はもがいて苦しい。
自分のことでないことに、どうやって折り合いをつけていったらいいのか。


shiho

関連記事

 2017_01_05


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


03  « 2018_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.