魔法がとけたような


この頃、自分でも驚くくらい穏やかでいてた。

今朝、子どもに咄嗟にヒステリックに怒ってしまった。
久しぶりのことで、その「咄嗟」の感覚にショック。
それだけでなく、将来の不安もズルズルと出かける。
そして予防接種に悩む。

これは、こないだまでの私やぁ。

大きな声をだしたり相手に求めたり目の前しか見えなかったり。

このところ丁寧な自分を感じてたから、なんだか、魔法がとけたような、シンデレラが元の姿に戻ったような。

とけてしまった。

しくしく泣く。

それでも、いつまでも引きずってない自分も感じた。
子どもにもすぐに冷静になってたし、謝って話した。将来のことも、大丈夫、と根拠のない自信は回復。予防接種は…どんなかな…

夜の寝かしつけ前の絵本タイムに、なんと志珠が「シンデレラ」を持ってきた!
シンデレラは身なり変われど彼女はそのままやんね。

魔法にかかってたわけでもとけたわけでもないし、どちらも自分。
そのかんじを感じた気がする貴重な1日。

昨日一昨日と、シオリが腹部不快で日中ほとんど寝んかって、疲れてたんかな。
それにしても、ほとんど赤ちゃんのことだけしてるなんて、なんて贅沢な時間やろなぁ。半年で仕事戻ってる気がせん。

しめくくり、みんな寝かせて用事済ませてお風呂にゆっくり入ろうと服を脱いだら、なんとズボンのお尻あたりが、シオリのウンチで広範囲黄色くなってるっっ
ベージュのチノパンでまだそこまで目立たんかったし、シオリのウンチはまだ臭くないとはいえ、このズボンで夕方かなり歩いたヨー!

そんないとおしい1日


shiho

関連記事

 2016_11_15


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.