フリーペーパー「こどもたちの未来のために」できました!


シホ(妻)とひろこちゃん(ママ友)が、放射能汚染から“子どもたちを守る”ために、母親目線でとっても分かりやすいフリーペーパーを作ってくれました。

フリーペーパーにはこんなことが書かれています。
・この夏、母子でまんのう町に短期疎開した福島県郡山市在住のなっちゃんの声
・放射能汚染から“子どもたちを守る”ために戦っているひかり保育園(群馬県藤岡市)の紹介
・放射能汚染がもたらす“食”への影響とお母さんができる食事対策!

できるだけたくさんの人、特に子を持つお母さんたちに読んでもらいたいなぁと思います。また、このブログをみた人は身近な家族や友達にこのフリーペーパーのことを紹介してください。プリントアウトして配布する、PDFをダウンロードして配信する、などご協力お願いします。

印刷用のPDFはこちら
 http://www.yamin-japan.com/data/fp_mirai.pdf

放射能汚染問題は「遠いところ」で起きているのではありません。狭い島国の日本、全国どこにいてもこの問題に関わっています。もちろん香川も。だからこそ“子どもたちを守る”意識、そして正しい判断を下せる知識が大人たちには必要です。

このフリーペーパーを読んでくれたみなさんが、こどもたちの未来のために、第一歩を踏み出すことを願っています。

【 第2回の発行のために、みなさんのご感想、ご意見、詳しく聞きたいことなどを教えてください 】
 投稿先:このブログへのコメント もしくは masatoshi_tatsumi@hotmail.co.jp

よろしくお願いします。

こどもたちの未来のために ~福島第一原発事故から~
放射能汚染から〈こどもたちをまもる〉ためにお母さんができること
関連記事

 2011_12_22


Comments

 

なっちゃんも協力してくれてありがとう。
まわりのママたちが少しでも考えてくれるようになればうれしいな。
ヤーミン  URL   2011-12-30 22:14  

大変だったね~ 

支えるパパもお疲れ様でした!
なつみかん  URL   2011-12-29 19:42  

 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.