歩くはいい

Category: 島暮らし  

早朝の雷雨。
バリバリと怖かった。
子どもたちは、蚊帳の中にいると大丈夫と信じてるので、平気。
Cimaは、「洗濯もん大丈夫かいな」とか言って洗濯物の心配してる。(干してるかいな!)

朝、昨夜から一転爽やかな空気に。

しかしなんだか動く気にならず。
昼前、幸いまだ曇りがちで暑くはなさそう、意を決して?!小さなリュックに母子手帳やら入れて、家を出た。

行き先はなんてことない、図書館とスーパー。
片道1キロちょっとといった大したことない距離、暑くてもう随分ここまでは歩いてなかった。
歩くと多少張るけれど、気分がいい。

今大人の本は読む気にならず、絵本コーナーへ。
平日昼過ぎに絵本コーナーには私だけ。
楽しみにしているけどややナーバスになってきたCimaが赤ちゃん産まれた後のことを想像できる本はないかなァ、と。

あったあった、【赤ちゃんてね】という写真絵本。毎月の赤ちゃんの成長の様子とともにお姉ちゃんのちょっぴりフクザツな気持ちも描かれている。

もう一冊、【ぼくのたからもの】。
妹の誕生と成長、メジロの雛の誕生と成長を、家族であたたかく見守っていく。おなかも鳥の巣もまあるい。ほんまやな。

それから何気に目に留まり手にとった、【おかあしゃん。はぁい。】。これは前にも読んだことあった。
「おかあしゃん。」と「はぁい。」を繰り返しているだけやのに、涙なくしては読めない。
岡田千晶さんの絵が、温かさ、表情、また泣かせる。
もう余裕なさすぎて、こんな時間ちっとも持ってなかったなぁ。特に上の2人と。小言と怒鳴ることばっかり。

私が怒鳴るなんて想像できない、とよく言われる。
外からみたら、子どものためにとがんばってて、しゃべり方もとろいし、SNSにもいいことしか書かへんから、そんな風に見えるんかな。
外でえぇ顔してるつもりはないけど、やっぱ外やとそこまで怒鳴りまくることはないか。たまにあるけど。冷ややかな言葉は外でもフツウ。

家では、怒ってばっかり。イライラして、時にコントロール不能になって怒鳴りちらして。
早く寝かさな朝起きれんから、朝起こして出かけるまで、帰ってきて寝かせるまで、何時に何する、自分の都合で動かそうとするから、イライラ。特に寝るのはトイレ行かせオムツするとか絵本読むとかいっぺんに済ませたい。
それぞれのなくし物探し物に付き合うのもめんどくさいし、痒いとか言ってくるんはもうどうでもいい。ご飯中に大合唱始まってご飯進んでないとか、もう寝る時間もう出かける時間に遊びが始まって散らかってるとか。何回言ってもバスマットの上に湯上がりのタオル置きっぱなしにするからマットがびっしょりとか。遊ぶ前に明日の用意しろとか。 寝る前の絵本2人か3人分読んだのに、もっと読んでほしかったとか。
挙げたらきりない。
仕事してたらよっけいに時間に追われる。
私は鬼。みんなして、父ちゃんに甘える。

時間に追われてても、ひとつひとつもう少し丁寧にできることあるんちゃうん。
そう思えて絵本コーナーで涙止まらんかった。図書館出てからも。
涙拭きながら、食べ頃のアボガドを買い、帰路へ。

しばらくしたら雨雲がきたので、夫に迎えにきてもらう。

赤ちゃんなかなか降りてこんけど、私にとって用事片付け以外のとても大切な時間をくれてるんかもな。

ありがとう。

ってことで。




shiho
関連記事

 2016_09_08


Comments

Re:  

コメントありがとうございます!
写真は苗羽のわが家から少し登ったあたりから内海湾を撮りました。
漁場の境の話、興味深いデス。
 URL   2016-09-13 12:02  

 

写真はオリーブビーチですね。
田ノ浦半島が見えていますね。
権現の崎と竹生の尾根を結んだ線を境界を内海と三都との漁場の線切りにしたと言われています。
遠い昔の話だそうです。
あきんこ  URL   2016-09-10 08:14  

 管理者にだけ表示を許可する


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.