FC2ブログ

小豆島高校樋本くんの選手宣誓

Category: 島暮らし  

一昨日くらいから、つわりが落ち着き起きれるようになってきた。
家族や見守ってくれるみなさんのお陰で乗り切れたこと、ほんとうにありがたくて。
お腹の命も順調に育っている。
ひとつひとつのあたりまえが愛おしく感じられる喜び。

今日はぽかぽかの日曜。
たくさんの島民が楽しみにしている、春のセンバツの開会式。
子どもたちとスマホのワンセグに釘付けになって入場行進をみた。
小高が入場してくるともちろん私は号泣。

そして選手宣誓はなんとなんと小高キャプテンの樋本くん。
子どもらも楽しみにしてたのに、直前の三人目の来賓の挨拶でしびれを切らして外に遊びにいってしもた。

しっかり、堂々と、宣誓する様は、かっこよかったし、誇らしい。
自分たちの島の高校が来春統合することに対し、「あたりまえにある日常のありがたさを胸に」と言った彼、その言葉は対戦相手の震災の被災地の人々、世界中で一生懸命に生きたい誰の胸にも響く、素晴らしい宣誓やった。

さてわが家ではすぐに入場行進ごっこが流行りだした。
私が筍が食べたいと言うので、子どもたち3人並んで、入場行進しながら夫とさがしに。
筍はなかったけどと言って野蒜をとってきてくれた。



昼は実に40日振りくらいに台所に立った。
蓬とユキノシタを摘んで天ぷらに。
野蒜は酢味噌和えにしていただく。

樋本くんの選手宣誓と野蒜のコリコリとした食感と酢味噌の春の味は、あたりまえにある日常を一層ありがたいものに感じさせてくれた。

明日の試合は、持ってる力必ず出せる!
楽しみ!!

shiho

関連記事

 2016_03_20


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


01  « 2020_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.