妖怪提出の旅


長男とコツコツ造ってきた妖怪。
いよいよ提出締切日。

早帰り&懇談を済ませてから3人連れて土庄へ。
ちょうど冬の大師市の日。
仕舞い気味の店を冷やかし歩く。
もちろんお参りを忘れずに。

MeiPAM受付に一人で入っていき、照れくさそうにしながらもいっちょ前にしっかり受け答えして妖怪を無事提出。
振り返った時の嬉しそうな顔!

まだひとりでは造れないので付き合ってやり、妹たちは母が兄に付きっきりなのを我慢し、まぁようやくできた妖怪。
本人は、わりといい物ができたようで、 たくさんの人に見てもらうのが楽しみだそうだ。

オビカカズミさんの展示を見ようと思ったら、会場手前のロボットに釘付けの子どもら。
ささっとでも展示をみれて、ご本人にもお会いできて、楽しかった。
お気に入りの1枚にも出会えたし。
それにしても、大阪でもツインタワーまで行かなこんなロボット会えんよ(昔のハナシ!)

今日は、先日の子どもたちのおむすび屋出店の儲けで買い物もさせることに。
駄菓子屋で散々悩んだ挙げ句、日頃買ってもらえないラムネやチュッパチャプスを銘々買って即食べる。
次女はさっさとアンパンマンのシャボン玉を選び、長女はあれこれ欲しいけどその中で潔く箸と箸箱に決め、長男は決められへんとグズグズ泣きながらカブトムシのおもちゃとグライダー2つに。

買い物はほとんど自然派コープの宅配やネットが多いのでなかなか機会のないうちの子たち。
いい経験になったかな?!

それにしても放課後のbig trip!


関連記事

 2015_12_21


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.