FC2ブログ

小豆島で健診未受診自力出産。

それぞれ自分らしいお産がしたい、 お産という素晴らしく壮大な営みを人任せではなく自然の流れで生活のなかで自分でしたい、というような強い信念があって。
それに、島に一件の産科での妊婦健診の苦痛さに心がとても深く傷ついて、もう受けたくない気持ちがとてもとても強いことも関係している。


そんな気持ちわかるから、
どうしてもイヤなんも相性が合わんのもわかるから、
お産はあなたと赤ちゃんのものであるけれど、命はふたりのものではない、と思ってるから、
産むのは自分、 島から出ないで産むなら健診受けれる大丈夫と思ってる。

何かあったらみてくれる島に一件の産科。

赤ちゃんの命までは夫には負わせられない何かあったら救急車という気持ち、何かあるかないかは感じる力を磨いていればわかる、検査を受ければ何かに頼る隙をつくる、何かあると感じた時点で受診する、検査でわかったリスクの低い不安要素ばかりに気を取られる妊娠生活はごめん、妊娠中はストレスなく過ごすことが大切、というような気持ちもなんとなくわかる。
思うことは、
何かあって病院へ行って、
健診を受けていないことで2つの命に何かあるかもしれないということ。
その命のまわりにはたくさんのほんとうにたくさん人の心があること。
自分と赤ちゃんを感じれば、人の心も感じる。

どこで産むかの話ではなく、ほんまに嫌なんわかるけど、赤ちゃんとお母さんを大切に思ってる。

傷ついて、私からみたら苦渋の選択をしないでもいいようになってほしい。

スタッフやシステム側産む側双方歩み寄れたらいいのだけど。

私、複雑な感情を持っていたり、勝手に背負いすぎたり、自分の気持ちを押し付けたりしていたから、人間関係で悩んだけれど、ほんとう繊細なんやなぁ家で産む人がいてもそんなもんかもなぁ、でも妊婦健診は行ってほしいと思ってる、と思うようになったかな。

それでもしょっちゅう夢をみる。

思いに寄り添えているかしら。
無事に産まれますよう心から祈って。


shiho


関連記事

 2015_10_04


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


01  « 2020_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.