西への旅

Category: 島暮らし  

この夏初のキャンプ。
朝起きて海側のテントの窓を開けてやると、女子ふたり親しげに何やらおしゃべり。

なんだか、大人になったふたりにふと見えた。
こうやってふたりで旅をして、朝、宿の外の景色を見ながらあーでもないこーでもないと楽しそうにおしゃべりしているふたりを。

ケンカもものすごいけれど、きっと仲良しでいる気がして、じんわり。



まだ少し水が冷たいけど、海に浮かんで身を委ねるのはやっぱりサイコーに気持ちいい。


協力して大工事。

姫路城の石垣やお堀をみた影響のよう。

島の西の果てでのキャンプの非日常。
星も海も空もすぐ近く。
焚き火とおしゃべり。
といっても5分で行ける図書館で昼間の暑さをしのぎ昼寝させ、温泉に入り、まだ志麻が小さいので私たちにはちょうどいい。
この頃は大雅の行動範囲と共に、以前よりも狭い範囲を楽しむようになっていて、家族で西の方へ行くことは稀なことになっている。
30分車で走ればじゅうぶん旅気分。

今度は日の出が見られる東側かな!

shiho
関連記事

 2015_07_12


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.