土庄中央病院小児科外来閉科! 病児保育も閉室!!
平成27年3月より小児科外来は閉科します

葛原先生は20年間、小児科の診療だけでなく、子どもからお年寄りまでどんな人もみんなで地域で生きていくという地域医療を展開されてきた方。
新病院の小児科にそのようなビジョンがないということで辞意を表された後、今年度は週1回高松から来てくださっていた。
それが続かなくなったんや。

1500人の子どもがいるなか、小児科は内海病院だけになった。

小児科だけでなくって、まだあまりピンとこないかもしれないけれど、他の科も医師不足が顕著。
多くの人が大したことなくても島外の病院を受診せざるを得ない状況。
心と体を別々に捉える西洋医療に頼りすぎることは好きではないけれど、どうしても必要な医療がある。

去年うまれた赤ちゃんは100人くらい。
島には内海病院に産婦人科があって、2人の常勤医師と助産師たちがいて安心して妊娠ができる体制があるということは、実はとってもとってもすごいこと。
お産できる体制を続けてくれていることに感謝したい。
島で唯一の産科なのでできる限りニーズに柔軟に対応しようとしていて、介入されたくない人にはチームで見守って自然の産む力を大切にしてくれ、計画出産したい人にはその希望に沿えるようにといった対応をしている。
母子同室もできるだけ希望をきいている。

島の産科が嫌なら島外という選択がある。もちろん移動や嘱託の大学病院や上の子どもやいろんなことが関わってくる。

安心してお産してほしい。母子ともの命を大切に思う。

自分たちだけで自宅でお産をするということ。
彼女たちの、自分と赤ちゃんは絶対大丈夫と感じる力や命の神秘さを思う気持ちも大切にしたい。

他人任せになりすぎている妊婦さんもいるし、介入しすぎる医療も多々あるのもわかる。

健診を受けず、若しくは数回受け、「もしもの時は救急車を呼ぶ」、という。
病院側は仕方なく受け入れるしかないという思いで、そういうお母さんたちを批判する。

専門家とお母さんたちの思いが離れたままでもどかしい。どちらがいいでも悪いでもない。

健診を受けず自宅で自分たちだけでお産をすることは、何事もなくっても、島のお産を脅かすことにつながる。
お産は決して病気ではなく母と子の自然な命の営みであること、そして自分とまわりの関係のなかでなされること、どちらも大切なことやと思う。
いいとか悪いとか言いたいのではない。
人の気持ちへの想像力。

どこで産んでも自分が産むんだという思い、それが一番なんちゃうかな。
どんなことがあっても、産むのは自分。

自由に、自分らしいお産をするということは、生き方であるような気がしてならない。

関係がこじれ、とても悲しいのです。
赤ちゃんたちが無事にうまれて、お母さんたちも無事で、ほんとうによかったという気持ちでいっぱいなのに。

子育てを通し成長していく姿を見守るのが、私の成長なのかしら、と思ったりもやもや。

そんなこと思いながら、
心と体はつながっていて、ものごとをまるごと全体的にみて、
普段は体に害の少ない食べ物と水をいただき、栄養を吸収し、
それを体中にめぐらせ、不必要なものを排泄して、休んで、歩いたり踊ったり運動したり体を動かして、笑って、調子が少しずつ崩れてきたら調整して、自分で調整しきらなかったらホリスティックに医療(代替医療と言われるものを含んだ医療)を受けて。
オリーブオイルをよく摂って?!
そうしたら医師不足は改善!

バランスいいのがいい。
関連記事

 2015_01_29


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.