子どもたち、初めて戦争のいろいろを考えた


昨夕夫不在の夕飯どき、

子どもたちとわが家の電気つけっぱなし事件の話をしていたら、

ふと戦争の話になった。

彼らの質問には、ほんとうに考えさせられる。

Tyga「日本は戦争せんの?」
「戦争したい人がいるの?」
「守るために攻撃したら、攻撃された方もまた攻撃するやん。」
「戦争しない決まりを変えようとしてる人がいるなら、どうしたらいいの?」
「どうやったら決まりが変えられないようにできるの?」
「たくさんの人が戦争しないっておもったらそれで戦争にならないの?」
「代表の人はどこで話し合うの」

「戦争で命終わるのも、人を殺すのも、 そんなんいやや。 命よりお金がいいとは思わへん。絶対戦争はいやや。」

Shiz「ばくだんきたら車で逃げるの?飛行機で逃げるの?」

「強い気持ちで戦争しないって思う」

彼らはまだ幼く、遠いどこかの国のことは考えにくいけれど、私のわかる限りのことをわかるように伝えて、6歳4歳それぞれに感じることがあったようだ。
お互い時折涙目になりながらいろいろ話した。

「あー話してたらおなかすいた、おかわりしよう」
と言って、ふたりともいつもよりたーくさんご飯を食べ、食べ終えるとコロリとふざけあって遊んで。

平和をつくってきた70年に感謝。

この子たち、その子どもたちに平和な未来を。
大人になったらいいこともたくさんある未来を。

私たちは、無関心、知らなかった、情報操作されてた、では済まされないよ。

伝えたいこと、一緒に考えたいことはたくさん。
これからも時々話そうと思う。

Shiho
関連記事

 2015_02_25


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.