FC2ブログ

耐えること 選ぶ 豊かさ


2013年の締めくくり、3日間で、
車ぶつけてリアガラスが粉々になって子どもたちが泣き叫んで、
Tygaが屋根から落ちて幸い大したことなくて、
赤い自転車を注文したつもりが青い自転車が届いてそれこそ真っ青になって、

たくさんの方に心配をおかけして。

実家に逃げ(?!)帰り、1年を振り返ってみる。

Cimaが産まれて喜びもつかぬ間、シフトチェンジに手こずりタイヘンさに溺れてゆき、、、ズブズブ
如何に笑って楽しむかなんてきれいごと言いながら、特に後半はよく生きることを放棄してもったいなかったな。
自分の将来を自分でつくってることを忘れて。

しょうもない私に自信をなくし自己嫌悪。

ま、そんな私も私。

1年ぶりの大阪で、母と子どもたちとおせちを作りながら、そう思えた。
たくさん愛され大切にされ産まれてきたんやなぁ。


チラと見てみた母が読んでいるシニア雑誌の、日野原重明さんの『耐える』という言葉がスッと入ってきた。

耐えることを選ぶことの豊かさ!
ただ時間的な経過のなかに望むのではなく、それは、待つこと信じること希望につながっている。


10年先をおもいながら。


2013は笑ってこー、と思ってたけど、2014はほほ笑んでこー
年賀2014
関連記事

 2014_01_03


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


01  « 2020_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.