FC2ブログ

少子高齢過疎化が急スピードで進む小豆島にいて、
瀬戸芸の効果のある地域をうらやましく思いながら、
私の住む地区の元気がなくなっていくんがまさに目にみえて、憂えてた日曜の朝。
10年経ったらこの家のぐるりまわり、あそこもここも空き家かも、、、

新参者ながら、ここが楽しいの元気なのいいなと自治会の集まりに参加してる。
年配の方々の元気はすごい!
100歳を超えるご長寿の方も多い!
集まりもいい!
なんといっても、その下の私たち世代の元気がない。ねん。
お年寄りがお元気なので、しがらみも強いまま、よくもわるくも。

夫が、出たくて出たくて仕方なかった故郷に一度Uターンしたから、なんとなくその、残ったような気持ちもわかる。
めんどくさかったり、どうでもよかったり、仕方なくいたり、高校くらいから地域の友だちから離れたらなんとなくもう戻れなくなったり、高校を出て一度離れたら戻ってもなんか居心地よくなかったり、いろいろあるんやな。

そんな私たちも、子どもがうまれてしばらく経って気付くまで、地域のつながりになんか目もくれず休みのたび自分たちだけで出かけてばっかやった。

そんなこんな時に、三宅洋平の選挙フェスは私にとって、対話しようよと歌ったんが、ほんまかっこよかった。

ここから、はじまり。

愛にいって話す、丁寧に対話を続ける、そうチャランケやな。

夫と、家族と、友人と、仲間と、職場で、近所で。

自由は、責任。
責任を伴うんじゃなく、自由=責任。
私には私の自由。

そう思ったら、わくわく。

_DSF0207.jpg
人出が少なくてさみしかった弁天祭にて 奉納された伊勢のお神楽を楽しむ。
Tygaが、曲(曲芸)の掛け合いをわかるようになって大喜び。
関連記事

 2013_07_23


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


01  « 2020_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.