Tygaの振り替え休日、3人連れてしましまようちえん。
決まってることはないし、誰にもダメと言われない山口さんの遊び場と仲間たち。
もう思いっきりのびのび遊ぶ。
やりたいことを、友だちとの関係の中で、自分も大切にしながら、遊んでる。

Photo0635.jpg
Photo0619.jpg
Photo0625.jpg


Tygaが幼稚園に行きだしてから、2歳のShizと0歳まだお座りしないCimaを連れて参加してる。
私がShizと自然を感じて遊びたい、Shizも、私とCimaと3人で遊ぶより、お友だちとの中での方がダンゼン楽しい。
私も自分の子を含めたくさんの子どもと遊ぶのが楽しいし、海や山や田んぼの中は気持ちよい。
一緒に遊ぶ仲間がいることで、CimaをみてもらってShizと遊べたり、逆にShizのトイレや着替えなどみてもらったり、ほんまに助かってる。
Shizも人を信じて、私から離れて遊ぶようになってきた。

子どもがどんどん減っていく中で、幼児期に、自然×人の中で、いっぱい遊ぶことを大切にしている輪。

決められた中で決まったことをして遊ぶのではなく、自然そのものを遊び道具として子どもが自ら主体的にあそんでほしい、
その中で人と関わりながら“生きる力”を育んでほしい、という思い。

そして、ゆるくではあるが自主的という形も大事にしてきた。

結果、多様なことを認め合う人たちが集って子どもたちを見守りあってる。

Tygaが幼稚園に行ったことや、興味をもってくれる人たちの声が集まってきて、今、その輪がどう島に根付いていくか、というところにきたかんじがする。

ニーズは2つにはっきりしてきた。

・幼児期の平日に近場でゆるく。

・幼稚園保育所学校の休日や長期休暇に、子どもに自然体験を経験させる場。(お商売をしている家が多いので、親子参加ではない形を求めている人が実際多い。)

どちらも、

島で安心して子どもを産み、見守り育てていく環境のひとつ。
小豆島の自然とつながりの中で、豊かな心と丈夫な体を育み、島が大好きになったり島で育ったことを誇りに思えたらよい。

さぁ、私。

そんな、頭の中。
関連記事

 2013_07_02


Comments


 管理者にだけ表示を許可する
<<集結 | BLOG TOP |  何匹?>>


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.