高知屋【高知県長岡郡本山町】


高知の友達から『「老舗旅館を誰かに譲りたい」という話があるんだけど、見に来る?』と連絡があった。

何事も動いてみて損はないので、見に行くことにした。
旧県道に面したその老舗旅館は高知屋といって80年の歴史がある立派な外観だった。
どっかでみたことあるような雰囲気だ。


う~ん、どこかなぁ~。


あ、そうだ。寺田屋だ。
今話題の龍馬で有名な寺田屋。
新婚時代に京都の伏見に住んでいて寺田屋は散歩コースだった。
日常の景色の中に寺田屋があったので、僕の記憶の中に残っていたようだ。
あ~、なんか、懐かしいなぁ。

しかし驚いたのはその中の広さで奥行きがすごかった。
最初に見せてもらった部屋で、「こっちにも部屋があります。」と高知屋のおじさんがの襖を開けながら言った。
さらに襖をあけ、「こっちにも」「こっちにも」「こっちにも」さらにさらに、あけるあけるあける。
「殿様のおな~り~」かと思うほど、部屋がつらなっていた。
足の裏にひんやり気持ちいい一枚板の玄関、もみじが綺麗な中庭、心地よくきしむ階段、中庭から日差しが入り込む木の廊下、すべてが心地よく、感動した。

同時に、僕ならここはこんな風に使うのになぁ。もったいないなぁ。
あっちはこうして、ここはこう。いろんな思いが一気に頭を駆け巡る。
やる気を掻き立ててくれるポテンシャル高き老舗旅館だ。
がんばれがホテルニューカマクラのようにできそうだった。
ホテルニューカマクラは鎌倉駅の裏にある味のあるホテルで昨年泊まって大満足したホテルだ。

 ホテルニューカマクラ
 http://www.newkamakura.com/

この高知屋、すごくいいけど「海沿い」という希望にあてはまらない。
ガリバーでもいればでっかいスコップかなんかで高知屋をごぼっと根こそぎ持ち上げてもらって
僕のお気に入りの海沿いの場所に移してもらうのだが。。。

残念!

でも僕たちの理想の家もきっとみつかるような気がした。
僕たちを待ってくれてるような、そんな気がする。

待っててね~

高知屋看板
高知屋中庭
高知屋廊下

関連記事

 2010_12_07


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.