FC2ブログ

苗羽に素敵なギャラリーがオープン!

Category: 島暮らし  

苗羽に素敵な古民家アートギャラリー『ぎゃらりぃ松尾』がオープンするよ。

去年の4月に島に引っ越してきた時、僕は食卓用の大きな机を探して散歩しながら会う人会う人に『余ってる机ないですか?』と聞いてまわってた。なかなか机は見つからなかったけど、僕を不憫に思ったのかどうだか近所の人が『坂の上のあそこの家が空き家なんやけど今度帰ってくるみたいで、ちょうど今片付けしてるわ。』と教えてくれた。
早速僕はその家に突撃。そして見事、机をゲットしたのでした。前置きが長くなったけど、それがこのギャラリーのオーナー尾崎さんとの出会いだった。

尾崎さんは、いきなりきて『机をください。』という僕を怪しがりもせず心よく家の中に案内してくれて、『御先祖様が残してくれた家でギャラリーをしようと思うの。人生したいことをしないとね。』と話してくれた。僕も島でやりたいことやデザインの仕事をしていることを話した。初対面なのに気が合って、いろいろ話したなぁ。

でも、それが最初で最後で、以来ずっと会ってなかった。なのに今月あたまに、尾崎さんが突然うちに現れて、『ギャラリーができたからチラシを作って欲しいの。』と言ってくれた。これは正に御縁やなぁと思って引き受けた。

机をもらいに行った時以来、ほぼ一年ぶりに尾崎さんの家にいってみると、そこはもう全く別の空間になってた。一年間島に通いながらコツコツ準備を進めてたんや。すごいなぁ。
尾崎さんの夢を自分のことみたいに感じつつ、ワクワクしながらチラシを作ったのでした。

それで、記念すべき第一回目の展示は小豆島町在住の井上志幽さん欣也さん親子による書作展です。
志幽さんの作品は、ピリリとスパイスが効いた人生の格言を、踊るような文字たちでユーモアに表現していて、僕の胸にぐぐぐーっと来て、僕は一発でどどどーんと志幽さんの作品が好きになった。
志幽さん本人にも先日お会いしたけれど、とても大らかで気さくな人だった。つくしや春の山菜の話「てんぷらがおいしいよね~」なんて話したのでした。
まさに古民家アートギャラリー『ぎゃらりぃ松尾』の、一回目の展示にぴったりな作品の数々、ぜひゆっくり見に行ってくださいね。

gmoo.jpg
gmu.jpg
関連記事

 2013_03_23


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


01  « 2020_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.