冬の大師市


師走を感じよう~と大師市にくりだした。
お腹ふくれてきたし、ひとりでふたり連れて出るのはなかなかタイヘン。でもお友だちも一緒やとだいぶ助かる。

西光寺は小豆島霊場五十八番札所で、毎年二回大師市が開かれることで有名です。
大師の徳を仰いで命日に当たる旧暦の3月21日に始まったのもので、現在では4月21日と12月21日に開催されています。

西光寺門前の路地にお正月飾りや苗やおもちを蒸すお店などがたくさん並ぶ様子、人がたくさん行きかう様子、楽しそうにお買い物する様子、いつもとちょと違う町並み。島じゃないみたいっ
よく知った大人たちも手作りのもののお店を出していて、やりとりもまた楽しいおいしいね。
ちゃっかり試食させてもらってる。
獅子舞は怖くて泣いちゃったけど、楽しい雰囲気いっぱい!写真撮れてないけど。

おぜんざいなくなっちゃうょ~ときいて、親子でそわそわ、買い物そぞろにお寺へ。
お買い物はまた後で~と親は思っていたけど、子どもたちに後ではないのでした。

お寺はとっても賑わっていて、お線香を立て煙をかぶり、お賽銭を入れ赤いロウソクで家族みんなの健康を祈ってもらい、今年に感謝し、おみくじも引いてお菓子をいただき、お経やたくさんの声がいきかう。

とっておきにおぜんざい♪
ジャンバーが小豆色になったー。

「誓願の塔」へ向かう。

鬼瓦さん、間近で見る。
彼女なりの解釈を皆に説明している。
SBSC2266_20121223054702.jpg

三重塔、おもしろーい。
まわりをまわったり、のぼったり、下をくぐったり。
鐘をならしたり、おすもうしたり、たたかったり。
かくれんぼしたり。松葉相撲したり。
とにかくずっと遊べる。子どもってほんますごい。
高台にあるから、海も見えるし、楽しいね。

仲良しHくんが、「恐竜の声がする!」と叫ぶ。
塔の下の石窟に風が通る時になる音のようやけど、よく耳を澄ますと低くうなるような音が響く。
確かに何かいるぞ!
と大人も賛同すると、どんどんわくわく。みんな寄ってくる。
ちょっと見に行ってこようか、と言うと、Hくんと同じ4歳のTygaが、「行かんといてぇ~」とべそをかく。
食べられたら困るかららしい。うんうん母想い。
今度はHくんが、「目が見えたっ!」と叫ぶ。
うーんこれは確かに何かいるな。
小さい子も見たりきいたりしている。
あぁおもしろい。

話はそれて、Tygaはどうやら心配性。
妹Shizが崖っぷちで遊んでいると気が気じゃないみたい。

そして不器用やけど優しい。
彼の4年の人生で、母は2度妊娠し、3ヶ月ずつ寝込み、なんだか不安定なことも多いし、心配で素直に甘えられなくなった。
抱っこしようとしても拒否~。
今回は、気持ちを少し表現できるため、前よりはうまく甘えてくるかな。
でも、だいぶお腹も出てきてこっちに余裕なかったりで。

Shizも、まだまだ抱っこしてほしいのに、がんばって歩きますよ。
父ちゃんも一緒の日は、べったり抱っこちゃん人形です。


話は戻って、お寺ってこんなに楽しい。
でも遊んでる子はなかなかいないの~。

土庄の町並みは、迷路みたい。楽しい仕掛けもいっぱい。
お友だちそっくりなの見つけた!
SBSC2267.jpg


この頃、ふたりで遊んでくれるようになってきた。ちょっと楽チン。
その分、もめてる事が多い。めんどくさ。
Shizは、ちょっかいばっかり出してよく兄を泣かせている。
Tygaの嫌がることばっかりしている。まぁお互い様やけど。
人の嫌がることがどんなことかって、よくわかるもんやなぁ、なんて感心してばかりでもいられなくって、
夫婦してついつい怒鳴ってばっかし。
機嫌よくいたいもんです。
SBSC2257.jpg

それだけはせんといてってことばかりしてくれますが、こんなにかわいいからね。12月ですょ~。
SBSC2232.jpg


shiho
関連記事

 2012_12_23


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.