FC2ブログ

薪生活


朝晩の冷え込みが厳しくなってきた。うちの古民家、夏はかなり涼しかった。ということは、冬はきっと寒い。そこで、念願の薪ストーブを設置した。

僕は、昔っから焚き火が大好きで、なんでかな~と考えてみたら、小学校時代にさかのぼる。おばあちゃんの家が薪で沸かす五右衛門風呂で、僕は学校帰りに風呂に入るわけでもないのに、薪で風呂を沸かしてた。マッチのすり方から焚きつけ方、薪のくべ方など、全部おばあちゃんに習った。焚口の前に座って、火がパチパチいいながら燃えるのを飽きもせず、ずーっと見てたのを今でもはっきり覚えてる。

そんな火が大好きな僕がついに家の中に“火”を持ち込めた。うれしい限りだ。今回の薪ストーブは、ガソリンスタンドでもらってきたペール缶を中心とした手作りストーブ。設置場所や煙突の工事も全部自分でやってみた。強風の日に、火が逆流して、まるで火事みたいに家中煙でモクモクになった。寒いのに窓を全部あけて家族で避難したりもしたけど、それでも、いいんだ。薪ストーブは、薪ストーブ。いくつかの実験と失敗を経て、安定した。毎朝、火をつけるのが楽しくてしょうがない。

薪を集めるのもなんだかワクワクする。山に入って薪を拾ったり作ったりすると、木のことを知ることができるし、自然と繋がることもできる。どの木がよく燃えて、どの木が燃えにくいか、焚きつける時にはこの木がよくて、弱火にしたい時はこんな木がいい、とかわかってくる。作ってきた薪をストーブにくべる時には、山のことが頭に浮かんで感謝の気持ちで火をみるようになった。

冬の暮らしも楽しみながらやっていきたい。心も体もぽかぽかでありますように。



11月のあたまに、みんなでワイワイとロケットストーブを作りました。普段からよく集まるメンバーだったので、チームワークがばっちり。日没前に6個、ストーブができました。
534541_489879874386096_1963239905_n.jpg
シホががんばって張り替えた障子が朝日をあびて美しい。欄間も和紙でふさいでいこう。
63091_493316774042406_1035670577_n.jpg
友だちが作ってくれた芋餅。ロケットストーブでこんがり焼いて、3時のおやつ。あ~、最高にうまい。
IMGP4751.jpg
関連記事

 2012_11_22


Comments

 

すごいね。写真がみたいな~。送って~。
ヤーミン  URL   2012-11-22 15:12  

 

うちは時計ストーブを連結したよ。結構いい感じですよー。そしたら大きい薪も燃やせるよ。暫くほおっておいても大丈夫だし。
東曜です  URL   2012-11-22 14:14  

 管理者にだけ表示を許可する


01  « 2020_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.