年長さんにあこがれて


先日、大相撲オリーブ場所の際に、草壁保育園にお相撲さんがやってくるときいて、草壁保育園内の子育て支援センターに行ってみた。
保育園児たちと一緒にお相撲さんと交流会。
その時に、年長さんがお相撲さんの前で日ごろ練習しているブリッジ倒立や側転などをやってみせたんやけど、みんなイキイキしていたしそれがTygaにはとてもかっこよく見えたようで、保育園や幼稚園に興味を持ったみたい。

ほうかほうかーお兄ちゃんたちに憧れるんやーたくさんの子どもたち楽がしそうに遊んでて興味持ったんやー。
近くの苗羽幼稚園に行くかときいたら、「苗羽幼稚園てどんなとこ?」
親子で幼稚園の様子を見たくて、電話してみた。
園長先生は5園を兼任!!!しており不在とのことで、連絡待つこと1週間。返信ないので電話してみた。
入園することが決まっていないと保育時間中の見学はできないとのこと。 ??
見学はできないがひとまず話をする時間をあちらから作って下さった。ウェルカムでオープンではないなーと感じながら。
近所のお友だちも興味があったので、一緒に行ってもいいか事前に連絡してうかがってから保育終了後の時間に一緒に行ってきた。

一応メモ書き程度に公に。

そのお友だちの子どもは今は保育園に行っていて、来年幼稚園に行こうか検討中。
椅子を勧められて2人で園長先生を待つ。
園長先生は、「1人ときいていたが、、、保育園に行っている方に説明する機会はありません。」と。??

3年保育で入る子には、事前に体験の日があるとのこと。2年で入る子は説明を受ける機会はないんだとその場で言われ、友だちは退室。。。
あれー一緒に行かせてもらうことは電話の先生に伝えたんやけどなー。
どうも現場の先生から園長先生に伝わることに何かあるな。
うーん、選ぶことや主体的に声をあげることのない環境やからかなぁ。どんな様子で過ごしているのか知りたかっただけやのになぁ。
その後の説明もなんだかよくわからなかった。説明する機会も、質問される機会もないんかなぁ。

園長先生は終始立ったまま。??
先生たちも自分のデスクで立ちながらきいておられる。

大事にしてはることは、
・体作りに、あたたかい季節は裸足ということ。
・PTA活動を大切にし、親子で育つ場だということ。
・お嫁に来た人や移住の人もおり、みんなで育つということ。
ということはどうにか話に出てきた。1日の流れも話して下さった。

お産もあるので3学期からの入園として受け入れていただけるようだ。

入ると決めたら見学できる。しかし今は発表会の準備で忙しいし練習で通常の様子は見れないので、発表会が終わる1ヶ月少し先に午前中見学OKとのこと。

草壁の支援センターは園便りや給食カレンダーなどを下さるので、深く考えずにきいてみると、入ると決まって「うちの子」になってからでないと見せられないとのこと。 ??

とにかくウェルカムでオープンでなかった感。
移住者レッテルが貼られてる感と。

電話に出る先生から園長先生にうまく伝わっていない理由も、みなさんの様子からわかった。
職員関係や体制に無理があるんやなー。

私も姿勢が悪かったんかなぁ、都合よすぎるんかなぁ、どんな様子かみてみたかったんやけどなぁ。
幼稚園のことはなんもわからへんからなんだか??が多くなったけど、

Tygaは一緒に行ったお友だちと珍しいパズルをして楽しかったみたい。

Tygaの様子みながら、幼稚園行きたかったら行ってもいい、幼稚園行きながら自主保育行ってもいいのかな。
親・子・保育者で育っていくのが楽しみ。

馬木のコスモス畑に、苗羽の山を越えてお散歩行ってきた。
SBSC2121.jpg

コスモスは母の大好きな花。
見た目繊細でもとても強い。
整然と並ぶ様子は宇宙(コスモス)の星たち。
とてもきれい、風が強いので、揺れる様子がまたきれい。
おじさんたちの愛を感じた。
しかしやさしい青鬼さん人形のお陰でShizのテンションは1割。
SBSC2124.jpg

でも鬼さんが見えない樽の中でお弁当食べたら元気になったー。
SBSC2130.jpg

子どもにとったら通路が背丈より高いので、全然見えるもの違うやろな。
つぼみ観察したり、迷路みたいに楽しんだり、走り回る。
SBSC2123.jpg

この頃Shizのいやいやにほとほと疲れてたから、一緒に楽しい時間過ごせてとてもほっこりした。
帰りはベビーカーでぐっすり。ベビーカー乗るのもあと少しなんかな。
Tygaはがんばって歩きました。

shiho
関連記事

 2012_11_07


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.