高這い

Category: 島暮らし  

砂、熱いしゴツゴツやねん #withbaby #islandliving #高這い

Tatsumi Shihoさん(@chii_pa)がシェアした投稿 -




夏休み終わり
女子4人で海🎵温泉

shiho
 2017_08_31



夏休み中、タイミングの悪い風邪風邪風邪で、予定を全てキャンセルしてしまったタイガ。夏休み終了直前、男二人の日帰り弾丸甲子園!試合は、延長10回糸井のサヨナラホームランで決着。サイコーの一日だった。留守番してくれた女衆に感謝。


 2017_08_31



長男の夏風邪は長かった。
ひとり調子悪いと出かけれず、結局みんな家にいてしんどい子が休まらん夏休み。

そんな中で、ふつふつとしてきた思い。
私は、どうして厳しくしてしまうんやろ。
ぐるぐる。
外から見たらいぃお母さんらしい。
よその人にいいお母さんと思われたい、とは全く思ってない。
子どもたちにとっていい母になっていきたい、という思いと、世の中の不安との狭間。

冷たい視線、低い声、スキンシップできない、私を感じる。

向き合うことがたくさんありそう。
母とのこと。母のこと。
長男とのこと。長女とのこと。

自分で自分を癒す。
少しずつ。

今、少し、その時なんやな。

少しずつ、少しずつ。




shiho

 2017_08_30



タイガとふたりでゴロゴロしてる時、タイガがなんの脈絡もなく唐突に「父ちゃん、おじいちゃんになってもずっと小豆島におってな。俺、帰って来るから。」と言った。
唐突すぎて普通に「あぁ、ずっとおるよ。」と答えた。
そしてタイガはまたすぐに遊びだした。

少し時間が経って、じんわりと温かいものが広がっていく。
タイガにとって、小豆島はすでに帰って来る場所なんやな。小豆島に来たこと、こういう暮らしを選んだこと、間違ってなかった。

ありがとう、タイガ。ずっとおるよ。


 2017_08_29



やっとこさ元気になり、音楽部の1回目の予選録音も終わり、やっと長男の夏休み!(残り5日、うち1日音楽部あるケド)
楽しみにたのしみにしてた、豚さんを放牧してる鈴木農園に遊び(お手伝い?!)に。

友人から、幼児向けケーキ作りのワークショップに空きがあるからどう?と。
小学生たちが家にいて、三女も仕事の日以外は家にいて、なのに有無を言わさず一人毎日保育所に通っていた次女のストレスが何やらたまっているようで気になっていたので、二人の時間作りたいなと思っていた。

うーん、かぶってる。体が2つほしい。2つ以上。

ワークショップは次女が長女もいた方がいいと言うしで、長男はお願いすることにして、三女は保育所行ってもらうことにして、
大きい子の日。

長女を学校の水やり当番に行かせ、三女を保育所に送り、長男に弁当持たせ鈴木さんとこに送る。長男は車を降り豚さん見るなりルンルン。そして長女を拾って女子3人でワークショップ。
うみねこかしやさんと、3歳でもできるクグロフ作り。
いい香り。うみねこさんの優しい素材で子どもたちがトッピング。




座って抱っこしたりおんぶしたり、次女とベタベタ。
そしたら、少し熱っぽいし、暴れん坊に。
朝方咳してたし、熱かな?と思ったり、たまってた我慢がうまく出んのかな?と思ったり。
ワークショップはなんとか終え、帰宅。

慌ててお昼用意し、三女の授乳に保育所へ。
熱はないけど熱っぽい次女を夫に預け昼寝させてもらい、
長女を連れて長男を迎えに。

長男は、大好きな豚さんといっぱい遊べて、餌やり餌作りのお手伝いもさせてもらい、もうキラキラのびのび。
あんな楽しそうなんは、久しぶりに見た~
よかったなぁ


私も、尊敬してやまない、農園のひろこちゃんにも久々に会えて、優しさのパワーをいただく。

豚さんの絵を描きたいという長女に付き合い、豚さんの森へ。
森の中はびっくりするくらい涼しい。
豚さんたちも気持ちよさそう。
これなら赤ちゃんも連れてこれるな。
ひろこちゃんエレンちゃん豚さん子どもたち、ありがとう。

家に帰ると、お昼寝から起きた次女は、元気そう。よかった。

大きい子たち、みんなそれぞれ充実した時間を過ごせて、嬉しい。

三女の寝かしつけは、それはそれはタイヘンでした。
よぅわかってるなー。
夏休み終わったら、少し保育所組とゆっくりの時間作ろう。



shiho
 2017_08_28




07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.