FC2ブログ

音楽部で忙しい小3、みんなで動けるのはここしかない!てことで思い立って広島に越した大好きな友人のカレー屋【楽観堂】へ。
久々の再会に安心し、美味しいカレー、わが家のようにくつろげるお店、裏庭には子どもたち大喜びの電車が見える手作りの遊び場に、全員大満足。



そこからぐーんと山を登って避暑キャンプ。
そしたらなんとカレー屋家族も店閉めた後来てくれた。幼児2人いてなんとフットワーク軽いの。

行き先は、島根との県境に近い【大鬼谷キャンプ場】。
前夜に、涼しくて川があって近くに温泉があるオートキャンプ場で調べて見つけた。
赤ちゃんがいるので涼しいことが外せず、高原といえども日中は暑いようなので川も必要で。

ほんとは蒜山に行って島根の友人と会うつもりやったけど、お互いタイミング合わず、またに。

2泊、大気が不安定で豪雨含め雨も降ったけれど日中は雨は降らず。
感じたのは、小豆島は本当に穏やかな気候だということ。赤い雨雲レーダーがかかることなんてほぼないもの。
九州や秋田の大雨の被害が少しでも落ち着きますよう。

川の水は冷たくて、パリっとする。
子どもたち冷たくてびっくり。三女は10㎝ないちっちゃな足でつま先立ち~
大人は滝壷で泳いで。



高原キャンプは、海のキャンプと違ってヘキサタープが要るね。ブヨ対策に長袖靴下も要るね。



タイヘンやったけど、どこで何してもタイヘンなんやから、行けてよかった会えてよかった。
よく行った。

帰ってきたら、島はなんと気だるく暑いこと!
2日目からお熱の次女は、「早く海で泳ぎたーい」やって。おもろ。確かに。

陸続きは物も交通も便利で溢れてる。
けど、すぐにキレイな海に出れる、ここで楽しむんやという覚悟、私たちはやはりここが好き。

さ、がんばるべ。


shiho
スポンサーサイト



 2017_07_24




06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.