母の腰の調子がよくなくて、春休み子どもたちを預けるのを断念し、子育ての支えをなくしたようでしばらく気落ちしていた。

友人が、私の気持ちを言葉にしてくれて、少し客観視できた。

「心配。頼れない。自分の支えがひとつ無くなったという不安も。
しかし無理させられない。支えてあげたい、けど出来ない等々、色々思うところ。
親も年取るし、離れてたら、余計に寄り添えない歯がゆさがある。
お互いがお互いを気遣って、どうにもならない歯がゆさと闘って…。
けど、元気に日々を暮らせてたらきっとお母さんも安心する🍀」

私ができることは、母が老いを受け入れていけるよう、いちいち一緒になって落ち込んでる場合ちゃう。今のところは、話をきいて、自分たちはなんとか元気にやる。

ちょっと明るくなった。
ありがとう。

shiho
 2017_04_05




03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.