発表会まであと2週間

というところで妹から風邪をもらったTyga氏。

休み休みしながら行ったりもして今週過ごした。

体調が悪いからどんどんなくなっていく自信。

仲間との関わりの中でのびのびと表現することを先生も目指しておられるとわかった。

参観で見せていただいた教育(もちろんほおんの一部)は、びっくりするものだった。

いかに指示通りにできるか そしてうまくできなかったのはなぜか考えさせる(もちろんほおんの一部)。
自分で問いをみつけたり深く理解するところにはだいぶ遠い。
私は教育のことは専門でないからわからなくてほんの一部しかみえていないだろうけど、
それは先生のことではなくて効率・画一化・スピードを求めていた日本のこと。
だから秘密保護法とかTPPとか原発問題とか、おかしなことになってるんじゃないか。
程度の差はあれ違和感をかんじる親たちは、不安と憂いを感じて子育てをしている。
不満ばかり表してモンスターと思われることもあるやろう。
みんな黒いものに対する不安を抱えているんや。

とはいえ本人はそれなりに周りの子たちと関わりあいながら過ごしていることは嬉しかった。

幼稚園のことをきいてものどに何かひっかかっているかんじ。 
涙を出して泣くわけじゃないけれど全身で泣いているような。
「ゆっくりとかそういうん、幼稚園ではあかんのや。」と。
先生は「どうしてゆっくりすぎたのか」と皆に問うておられたが、「ゆっくりな自分はダメ」と自信をなくしたんやなぁ。

楽しいこと 「ない」 

幼稚園に近付くと表情がない おどおど きょろきょろ キョドウフシン
不安で仕方ないんやな
それこそ能面みたいになってきて 心配になるるる


けれど

「上手にするところをとーちゃんあーちゃんじいちゃんばあちゃんにみせたい」と ポツリ。


うーーーーん、社会って厳しい。でも生きていくのは彼。


大人になるとごまかしきくけど、子どもは体と心がもっと自然に近いところにいる。
風邪を引くって、大事なこといっぱい気付かせてくれるなぁ。とも思った。


言えることは 家でも同じように 指示を守らせて 頭ごなし に ついつい なっている私たち。
いっぱい遊ぼう。家のことも、遊ぼ。


また自信をつけて大きく羽ばたくことでしょう。

マッサージ
ベビーマッサージとそのレンシュウ。体やらかいな~
 2013_11_30



土があって
家族がいて
命をわけあっていただいて

そうして人と響きあって生きている

何にも難しくなくって もっとも自然なこと


自然って、食や環境だけのことでない 
経済と効率最優先の日本に居て、それらから少し距離をおいた暮らしと、働きに出ない子どもを保育所に預けないこと自体不自然やわと思ったりもしてたけど
全てバランス
子どもたちや近く遠くで響きあってくれる人たちが教えてくれている

Photo0487_201311300643235bd.jpg


頼りあえない家族の不自然 どちらの親にも

ここがわが家をしんどくしている

それは点の問題ではない 全てバランス


核家族の綱渡り 不自然だけれど ここで生きていく 
どうして ここが 好きやから 
 2013_11_30



やってきました薪ストーブのチビちゃん。
上の段は料理用オーブン♡
青森の鉄工職人さんが手作りで丁寧に作っておられる。
大きさ、お値段、わが家サイズ。

去年の手作りロケットストーブは、風がつよぉいなどわが家にはあわなかった、、、(子どもたちは家の中がもくもくする度喜んでたけど。)

夫が、山羊が飼えそうなくらいの大きな柵を作ってくれ、志麻対策ばっちり。

あったかぁ~
石油を使わず、山を手入れする時に切る木や廃材の薪で暖をとるのは、体もココロもあったまる。

ダッチオーブンを使ってクルミパンを焼いてみる。
途中で志麻が泣いたりオムツ替えたり、子どもらの相手してたり、ちょっと用事のつもりが忘れてたり、で、発酵時間などとってもテキトー。
が、
ふっくらおいしい~。

冬の楽しみ。

そして夫は薪づくり。冬の仕事。

suto-buパン

 2013_11_24



                       うばぐるま
 
                                                  
12月5日(木曜) 
時間☆10時から14時まで、出入り自由
   10:30くらいからは、わらべうたをうたいながらベビーマッサージするょ

   渡辺先生が、親子の育ちの見守りにボランティアできてくださるかも♪♪
   ママが安心して子育てができるように、また、子どもたちが心豊かに成長してくれるようにと願って、子育てのお手伝いをして下さります。   

場所☆苗羽公民館和室(EATと苗羽小学校の間の道を海に向かい、海のそばの幼稚園と体育館の間の茶色の建物です。)

会費☆手作りおやつとお茶付きで350円、お子さんの分のおやつ(ママと同じもの)いる方+100円です。
(会場使用料の一部を町に補助してもらっています。)

持ち物☆バスタオル、おもちゃや絵本各自持ち寄り、マイカップ、小皿、水分。ミルクのお湯はご準備下さい。

Photo1042.jpg

お昼は久々に!『タネムスビ堂』さんの、妊婦さんにもおっぱいにもとびきりやさいくっておいしいランチのケータリングを予定しています。玄米ごはん付き800円。おかずのみは700円。(要予約)
赤ちゃんと一緒にゆっくりランチ♪
たまには、おいしいもの食べて息抜きしたっていいですよねっ

食器を持ってきてね。

持ち込みもOKですョ☆
******************************************************************

おやつの準備がありだいたいの人数を知りたいので、
行ってみよかなぁと思ったら月曜までにご連絡いただけると助かります。
ランチの要不要も一緒にお知らせ下さい。


みんな子どもが小さいのでキャンセルが出ることがあります、
連絡なしの飛び入り参加もOKですので、ふと時間が空いたり気が向いたらお気軽にいらして下さいね~

                 スタイ

******************************************************************

【お知らせ】
なごみ会presents 
下条老人クラブ×ウミゾラbebeクリスマス会

苗羽の元気なお姉さま方のグループ『なごみ会』の方たちが、クリスマス会を開いて下さいます。
いつも使わせていただいている苗羽公民館のある苗羽下条地区の老人会『下条クラブ』のおじい様おばあ様方と一緒に、楽しい時間を過ごしましょ♪

日時:12月11日(水)10時~12時
場所:苗羽集会所(苗羽公民館のすぐ近くです)
会費:100~300円程度

みんなで手遊びをしたり、ケーキを食べたり。
歌をうたったて、赤ちゃんからお年寄りまでみんなでまぁるい和に♪♪

とてもお元気な方がたくさんっ頭があがりません。
赤ちゃんがいるととても喜んでくださいます。
たくさんの人に関わってもらえること可愛がってもらえるって、赤ちゃんもママもとっても嬉しいね。


ウミゾラからもおじいさまおばあさまとゲームをします。

クリスマス会は、12月5日までに参加希望をお知らせ下さると助かります♪
ゼヒ予定あけておいてくださいね☆

******************************************************************
 
ご予約・お問い合わせ→予約フォームから or 私に会った時直接話すか携帯やfacebook/Twitterなどでメールください。
当日連絡 0879-82-0339 辰巳志保

    

大きな地図で見る斜体文
 2013_11_21



発表会への道のり。

本人、好きでもなくいやでもなく、レンシュウしているよう。
「タンバリンやってんけど、鈴になってん。」
タンバリンは難しかったんか、など親は勝手に推測するが、きっといろんなドラマがあるんやろう。

先生とやりとりしている連絡ノートがある。
子どもの様子など気になることを書くとお返事を書いてくださる。
(きっと使ってるのはうちだけ・・・?)

気になった様子や困っていること、疑問など書かせてもらう。とても細やかに答えてくださる。
初めてでわからないことだらけ、子どもも親も。
送り迎えではなかなか話す機会はないので、私はこのノートがあってとても助けられている。
私たち親子を支えてくださること、一緒に見守ってくださっていることは、安心。信頼。

遊びこめないと家で荒れることや発表会について書かせていただいた。

発表会について、
『子どもたちと作っていく発表会をめざしています。そのため、遊びながら考えを出し合ってまとめていけるよう1ヶ月以上の時間をかけています。』
教え込むなら2週間でできるそうだ。
Tygaは、初めての経験なので見通しがもてないのであろう、とても緊張しているが、少しずつほぐれてきているとのこと。
『幼稚園でお友だちや先生と過ごす生活は、自分の好きなようにして遊ぶ時と、お友だちや先生と一緒に考えを出し合って作っていくことも遊びであり、学び(学習の前進)であります。発表会は音や動きによる表現が中心とはなるが、4月からの園生活の総まとめとしていろいろな要素が盛り込めたらと思っています。』

デモクラティックとかモンテッソーリとかイエナプランとか上辺だけ知っているだけに、
『幼稚園は小学校に入り学習していくための準備をするところです』と言われたので、カリキュラムや時間を区切ることに抵抗があったけれど、
人間関係の中で生きていく根っこづくり、それを大事にしていることは、どれも同じなんや。

一方的に指図されたり、規制されたりする時も、ある。
あったっていいわ。
そして、頭ごなしに大声で叱る先生もいる。だから、萎縮してしまってる。
でもまぁそんな時もあるわ。

ただ、このままでいいとは思ってない。
生きること遊ぶこと学ぶことの場としての学校や幼稚園。子どもが大半の時間を過ごす場。
学校や幼稚園は、子どもと先生方と保護者とからなる共同体とみなして、多様な中のひとりひとりの子どもを育てるために、みんなでつくっていく。
子どもも大人ももちろん先生方も、子どもに直接関わっている人たちが子どもを中心におもって声を出していったら、いい風が吹く。
それは教育のことだけじゃなくて、いろんなことに言えるよ、と思う。

この不安だらけの今、大事なことなんやないかなぁ!

とにかく、お役所のようにマニュアル通りの対応ではなく、声をきいてくれる、対話の姿勢をもってくれる。
それは、とても安心につながる。

なんだか文句ばっかり言ってるようやけど、そうして子どもに日々接して関わってくださり、ほんとうに感謝している。
頭でっかちで不安が大きいけど、ほんとうに感謝してもしきれない。

島は縮図。あるもんで。学ばせていただくこともはかりしれない。のです。


あさっては参観日。発表会にむけての様子を見られるように、このとても忙しい時に参観させてくださるんだそう。


Photo1037.jpg
(先頭バッターよろしくたのんだでー)ペチっ
 2013_11_20




10  « 2013_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.