祭の前に、休日をいただいた。(祭中はほぼ母子4人生活やから~。)

瀬戸芸鑑賞すっかな♪
島民はもちろん無料。

授乳して出発。

やっと行けたぁ三都半島。南蒲野と神浦へ。
どちらも最高に気持ちいい場所。
いろんな思いがまじわりながらの鑑賞。
少なくとも小豆島では、そこに住む人たちのための瀬戸芸やから。
島や土地のいろんな物語があるから。
けっこうものがなしさがまとわりつき、自分の中が涙でいっぱいになりそうになる。

でも、

今ここに生きてこうして日々生活をつくっていくこと自体、芸術やなぁ、と、ふっと軽くなった。

毎日おんなじ繰り返しなようで同じでない物語。
景色匂い。
歴史人柄感性が交差して重なり合う。

散らかってる部屋も。
ややこしい子どもたちのグズグズも。
子どもたちのふわふわのふくらはぎも。
おっぱいを飲む様子も。
歌いながらの料理、どなりながらの食事。。。

特別なこといらん。

なーんて、すっかり、宮沢賢治にかぶれちゃったりして。


授乳して、

ランチは、馬木にできた『CASA DE SACA』にこれまたやっと行けた。
福島での暮らし、きっと、ものすごく、すてきやったんやろうなぁ。
小豆島での彼らのカタチを楽しみにしていたから、とっても楽しかった。おいしかったな。

授乳して、

午後はTygaと自転車デート。Tygaはバランスバイク。
劇団ままごとの『島巡りライブ 馬木編』に参加。Tygaと2人なら身軽に動ける。(あと4年経ったら身軽になるやろか。)
大好きなカタチラボから、馬木キャンプまでの、なじみの道を、ままごとの人やお客さんたちと歌いながら歩く。
いつもの気持ちいい散歩道が、もっと気持ちよく、そしていとおしく感じる。
スペシャルな魔法。

Photo0484.jpg彼の今イチバンかっこいい格好。スニーカーはかたっぽずつ(そうしたら速く走れると思ってる)、トレパンを上まであげて、恐竜のTシャツをイン。

そしてやっとみにいけた、醤油会館とイワチャン邸の『小豆島の顔』。
お話ししたことのあるおっちゃんおばちゃんたちの写真もあって、
たくさんのことがつまっていて、
感動してしばし立ち尽くしてしまった。
そこにあること・いる人への感謝としあわせがあふれてきた。

たくさんの物語の上に、私たちがいること。

カタチラボでさらにその思いがしっかりしたものになる。
カタチラボ、秋は、輪郭がはっきりした、そんなかんじ。

Tygaと手をつないだり虫の話したり、2人なら全然どならんでいい。無理がないから。

夫と子どもたちに感謝して、夕日をあびながら帰る。
Photo0487.jpg

たっぷり授乳。

近いけれどなかなか行けないところを満喫したー。
えぇ島やなぁ。

今度は早起きして、蒲野に朝日をみにいこう。


 2013_10_13



Shizにお手上げ!!!

あーいえばこーいう あべこべ あまのじゃく
大人の心を見計らってイタズラ、ありえんことをしでかしてたり
今までできてたことやらないがんばってみない

Cimaが活発&昼寝しなくて甘えれてないからなんはわかってて、だからCimaをみてもらってShizと私ふたりの時間をつくったら、もう余計ぐちゃぐちゃ。

とにかく、もう、一緒にいてて全然楽しくないん。


てことをしましまに来ていたママに話したら、

「それだけ背伸びしてたってことやね。」

あーそっかー。
しっかりさせすぎてたんやー。
3歳とは思えないくらいしっかりしてる。

そして、「このグズグズの時期の次にはどんな成長が待ってるか楽しみやね。」と言ってくれた。


私たち親子と一緒に育ってくれる子どもたち、ママたちに感謝。

私を成長させてくれる、わが子に感謝。

とはいっても、ほんまイライラするんですけど。

そしてCimaは、好奇心旺盛寝るのがもったいかのように、昼寝しない赤ちゃん。
大人にも動かずにはおられなくてあんまり寝んでもいける人おるけど、それにしてもちょっとは寝たらっっっ

産まれてきたとき、あんなに嬉しかったんやけどなぁ。

目を閉じて、ふれて、感じてみる。
そうしたら、こんなに幸せなんやけどなぁ。

いっぱい抱っこしたいなぁ。

IMGP0627.jpg
Shiz生後1日@日赤GCU
 2013_10_12



おばあちゃんちに眠ってた羽釜をもらってきたので、今朝からご飯を釜で炊くことにしました。
火の番はタイガの仕事。
焚きつければあとは勝手に薪2本が元気に燃えて、強火→中火→弱火→燠(おき)となるから、ほったらかし。
ものすごくおいしく炊き上がりました。
すごいね、羽釜。
焚きつけもいつかタイガにやってもらおう。

1380141_648020135238735_49715929_n.jpg

 2013_10_10



秋です。
祭がきます。

白旗を揚げたいくらいに日々てんやわんやで、心はざわざわ。

もう、特に、Shizに、怒ってばっかり。
口が達者やから、つい、しっかりさせすぎてしまう。
Cimaがぜーんぜんお昼寝しないから、Shizを抱っこする隙がない。
しかも女どうしやからか、こっちもあっちも全然素直じゃあない。
寝るときになってやっと、よしよししてあげられたらいい方。
ここ数日は、何か言いた気な表情をしてて気になる。
今日は昼のおむすびを残しておやつも夕食もご飯を食べなくて、もうわからんわと、怒ってばっかりやったけど、
舌に口内炎ができてたのを発見。
口内炎ができるのは、何か心の中におさえこんでることがある、と先日友人にきいたばかり。
彼女の何か言いたくて言えないこと、多分私のざわざわに関係してる、のかな。

そんな時のちょっと立ち止まれる話。
忘れないように書いとこ。

もうてんやわんやすぎて、夕食後食卓に食器やなんやかや全て散らかったまま、寝たった。

朝起きて、もちろん散らかったままの食卓を見たTygaとShizに、
『わぁ、夜の間に動物さんたちがきてパーティーしたんかな』って話すと、目がキラキラ。
特にTygaはいろんな想像がめぐっている様子。
絵本『もりのなか』でだれかがピクニックをした跡で動物たちがひとやすみするように、動物のパレードがきて食べていったんかなぁみたいに思ってるのかしら。

Shizはどんな風に感じてるんかなぁ

1382994_343621279106724_945816542_n.jpg
(photo:ショーゴ)

 2013_10_07



先日のウミゾラbebe、渡辺先生が初めてボランティアで来てくださいいました。

赤ちゃんを抱っこしてくれたり、話をきいてくださったり、ベビーサインも少し教わりましたょ☆
まだ話さない赤ちゃんとのコミュニケーションが楽しくなりそう。

7ヶ月のうちの子も、やさしい先生に何度も抱っこをせがんてましたぁ。
親子の育ちを見守って下さる心強い存在、ほんとうにありがたいです!

今後も、ご都合がつけば来てくださいます。
上の子がおられる方も一緒に遊びにいらしてねー。

1381960_294514067354084_285840466_n.jpg
先日のタネムスビ堂さんのケータリングランチ。
「玄米の栗ご飯。これが栗?ってぐらい栗がねっとりしておいしかった(*'▽'*)おかずも優しい味で体にしみ入りました。」(photo© by Mさん)

                 うばぐるま
 
                                                  
10月24日(木曜) 
時間☆10時から14時まで、出入り自由
   10:30くらいからは、わらべうたをうたいながらベビーマッサージするょ

   渡辺先生が、親子の育ちの見守りにボランティアできてくださるかも♪♪
   ママが安心して子育てができるように、また、子どもたちが心豊かに成長してくれるようにと願って、子育てのお手伝いをして下さります。   

場所☆苗羽公民館和室(EATと苗羽小学校の間の道を海に向かい、海のそばの幼稚園と体育館の間の茶色の建物です。)

会費☆手作りおやつとお茶付きで350円、上のお子さんの分のおやつ(ママと同じもの)いる方+100円です。
(会場使用料の一部を町に補助してもらっています。)

持ち物☆バスタオル、おもちゃや絵本各自持ち寄り、マイカップ、小皿、水分。ミルクのお湯はご準備下さい。


今回、お昼はおむすびなどカンタンに各自持参でお願いシマス。
お昼は、予約制で、『タネムスビ堂』さんの妊婦さんにもおっぱいにもやさしいランチのケータリングを予定しています。玄米ごはん付き600円。おかずのみは500円。(要予約)
赤ちゃんと一緒にゆっくりランチ♪
食器を持ってきてね。


******************************************************************

おやつの準備がありだいたいの人数を知りたいので、
行ってみよかなぁと思ったら月曜までにご連絡いただけると助かります。
ランチの要不要も一緒にお知らせ下さい。

みんな子どもが小さいのでキャンセルが出ることがあります、
連絡なしの飛び入り参加もOKですので、ふと時間が空いたり気が向いたらお気軽にいらして下さいね~

                 スタイ


ご予約・お問い合わせ→予約フォームから or 私に会った時直接話すか携帯やfacebook/Twitterなどでメールください。
当日連絡 0879-82-0339 辰巳志保

    

大きな地図で見る斜体文
 2013_10_05




09  « 2013_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し4年目。どうしようもない旅好き夫婦。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し4年目。どうしようもない旅好き夫婦。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.