FC2ブログ

まんのうで始めたのんたんようちえんに続き、島でも自主保育に参加。
友人たちが始めてくれてました。
親子で、このしましまようちえんで、見守りあって島を楽しんで、元気に成長していけるのが楽しみ!
たくさんの子どもたちが外で走り回る元気な島になるといいな。


みんなでブログ始めましたー『海と山のしましまようちえん』

SBSC1789.jpg

Photo0023.jpg

Photo0028.jpg

shiho
 2012_06_14



シズの布おむつを入れてたバケツに機材を入れて、持ち運び式にした我が家のミニ太陽光システム。
屋内の電球でも微量ながら発電する。そして僕はそんな太陽光パネルをテーブル代わりに日本酒をちびちび。うまい!
IMGP2391.jpg
今日はええ天気。畑で発電してもらいました。太陽さん、ありがとさん。
IMGP2392.jpg
 2012_06_11



肥土山の美水クラブさんの泥んこ遊びに参加しました。
島の幼稚園保育園の子どもたちもいっぱい来てわあきゃぁ~

最初はびびっていた子どもたちも
06.jpg

次第に慣れてきて
07.jpg

もう誰だかわかりません~
08.jpg


1、2歳のちびっこたちにはまだこわかった
でも、自然に対するこういう「こわい」っていう感情とても大事
09.jpg

Tygaはというと、早々に泥が目に沁みてブルー↓↓「もう入らん」。ずっとみんなを見ていた。
最後の最後になってちょっと入ってお上品に遊ぶ。でも嬉しそう。
Shizは、ちょっと泥んこをさわってみた。大人が黒くなってしまった姿をみて心配して号泣。「あっちいくーあっちいくー」
2日後にリベンジしたけれど、2人とも断固とも入りませんでしたぁ。

去年まで入れなかった子が今年はいい顔して遊んでいたり、ずっと大きい子たちが遊ぶ様子をみながらお水遊びをする子、ちょっとさわってみたり、ひたすら泣き続ける子、みんないろいろ。来年も楽しみ楽しみ。

美水クラブのみなさん、ありがとうございました。

手打ちのおいしーいおうどんを茹でてもらって
10.jpg

『11ぴきのどろんこ』を読みました
11.jpg

 2012_06_08



高松から友達が遊びに来てくれた。
我が家に似合うだろう、と使わずに眠らせていた机や器や雑貨などをたくさん持ってきてくれた。まるで骨董品屋さん。いただいたモノはすべて素敵で感動。特に、どこかの作家さんが作ったという狛犬は、表情といい風貌といいすごく力強い。ものすごく気に入ってさっそく玄関の両脇に立ってもらった。似合う!ありがとう!
IMGP2384.jpg
シズは懐中電灯が気に入ってみたい。
IMGP2351.jpg
みんなで碁石山に行った。ここからみる瀬戸内はやっぱり最高で、地球って美しいなぁと思うのです。
IMGP2357.jpg
ドデカにぎりと素麺の昼食。ドデカにぎりは、お皿をまわしながらみんなで一口ずつ食べる。
IMGP2360.jpg
でかすぎて手に持つことはできなかった。
IMGP2372.jpg
上からの圧力ですぐに潰れてしまった。
IMGP2375.jpg
 2012_06_06



満月で、ぐっすり眠れなかったり体調くずし気味の親子が多いみたい。
3組(大人2人子ども4人)で常光寺~向庵~遍路道入り口あたりを散策したょ。

遍路道入り口を見つけた!ところで、「おなかすいた~」
大きい2人はリュックをお寺に置いてきたまま。おなかぺこぺこで力が出ないけど、手をつないで引っ張ってもらったりして取りにいったょ。リュックの中身があって、「よかった、あった!」

向庵でおむすびタイム。
1人持ってない子がいたからみんなで分けっこしました。
01.jpg

そしたら雨が降ってきたー。
でも、お掃除したり~
02.jpg

折り畳み傘で遊んだり~お地蔵さんにもさしてあげて傘地蔵~
03.jpg

闘ったり~拾ってきたお花で遊んだり~
04.jpg


そんなこんなで1時間この屋根のある小さいスペースで過ごせちゃいます。すごいよね。
やんできたところで絵本タイム【みたいみたいみてみたい】
そして棒を拾いに行って、やっぱりまた降ってきたので帰りました~
急斜面で変な歩き方が流行ってます。
05.jpg

shiho
 2012_06_06




05  « 2012_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.