前回書いた海と風の宿での出来事。

その夜、志保は部屋で大雅を寝かしつけていて、僕は共同スペースで志珠を寝かしつけていた。
志珠はすんなり寝たので、座布団の上において、僕はオリオンビールを飲みながら本でも読むことにした。

そこへ元気な年配の女の人が3人やってきて、宿に泊まっている同じく年配の人と、なにやら神妙に挨拶を交わし始めた。椅子などが用意され、何か始まりそうな感じだ。聞くと、普天間基地移設問題で、辺野古への移設に反対する会の人たちだという。どうやら移設問題の話し合いらしい。熱心な話が静かな夜の宿のイカシタ共同スペースでつづく。

その話し合いの途中で、志珠が泣き出したので、「すいませ~ん」と言いながら抱っこしてあやしていた。

2時間ほどで話し合いも終わり、帰り際、リーダー風の人が

「これ!」

と言って、何かを僕に手渡そうとしている。
僕は左手で志珠を抱っこしたまま、反射的に右手を差し出した。

「いま持ち合わせがこれしかないけど、お年玉!」強引だった。

僕が、
「えっ、あっ、うっ、これ、ちょっと。あのっ」
なんて言いながらあたふたしている間に、その人たちは、

「父ちゃん、がんばれ~!」

と言いながら、風のように去っていった。



一瞬の出来事でなにがなんだか理解できない。
ぽか~んとしばらく立ち尽くす僕の顔は、たぶん口が半開きでだらしなかったと思う。

ずしりと重い右手の中は小銭であふれていた。
季節はずれのお年玉は、全部小銭で、あわせて950円ほどあった。

知らない人にお年玉を貰ったことなんてないので、事態を飲み込むのに時間がかかった。
「知らない人にモノを貰ってはいけません!」
小さい頃に親や先生からキツク言われていたことが頭によみがえる。
しかし、もう手遅れ。どうしたものか?

ここは、沖縄。これが、沖縄。そうだ狭い了見じゃなく、もっと大きな気持ちで受け止めよう。
きっとあの人は「子供は宝よ~。大事に育てなさいね~。」という気持ちをお年玉に込めてくれたんだ。

モノじゃなくハート。ありがとう。

そのお年玉で、僕は連日オリオンビールを飲んだ。
心が満たされ、いい気分で志珠を抱っこしてやれたので、『志珠のお年玉』の使い方としては、決して間違ってないのだ!
 2011_02_25



お待たせしました。
毎日書くタイプではないので、気が向かなければなかなか書けない。
書くのが仕事じゃないし、まぁいいか~なんて思ってたら、沖縄から帰ってきてもう10日もたってた。びっくり。

ではでは、今回は、沖縄で泊まった3つの宿のうちの最初のお宿、「海と風の宿」でのお話です。

沖縄に出発した日は、とにかく寒くて香川では氷が張って、雪がちらついていた。
それに比べると、さすが沖縄。暖かい。「あったか~上着いらないね~」なんて言いつつ、空港を後にした。
ゴーヤレンタカーっていういかにもローカルなレンタカー屋で車をかりて、さぁ旅のはじまりはじまり。

あったかいと感じた沖縄。が、しかし、最初の宿で、なんとストーブを発見。
しかもガンガン燃えてる。しかもうちにあるのとまったく同じ。
そのストーブに椅子を密着させておじいさんが腰掛けていた。定位置らしい。

おじいさんは、顔の部分だけ開いた頭からすっぽりと被るニット帽をつけて、かなりの厚着で、座り込んでいる。たくさんのシワがあっちこっち縦横無尽に走り回っていてとてもいい顔をしていた。まわりの人たちから「師匠」と呼ばれている。三線さんしん(沖縄を代表する弦楽器)の師匠だそうだ。でも師匠という威厳はなく、失礼な言い方をすればホームレスに近い。この師匠、たくさん話しかけてくれるが方言がよくわからない。それでも、なんとも親しみやすく、急速に好きになっていった。僕は昔からなんでも人生を積み重ねてきたような人が好きだ。そういう人は、気さくで大らかな気がする。師匠に吸い込まれると同時に、宿にも引き込まれていった。

『あぁなんかいいなぁ。沖縄に来たんだなぁ。旅してるなぁ。』と感じた。

師匠のような人が入り浸るあたり、いい宿だ。

その師匠、ストーブを抱きかかえるようにして「沖縄は寒いよ~」なんて言うからおもしろい。
「沖縄でも寒いんだよ」って意味なんだろうけど、なんかおかしい。
いろんな人が同じ言い方をするので、二日目からは、こちらも「あぁさむ~」なんて言ってる。いい加減なもんだ。

あとでわかったが、その週は沖縄といえども例年にはない冷え込みだったそうである。


この宿は、日本ハムのキャンプ地、あの斎藤佑ちゃんで沸く名護市にあった。
沖縄のニュースは連日、佑ちゃん、佑ちゃんで、名護市のホテルはファンで満室だという。
そんなニュースをみながら宿のスタッフ、やっちーは
「おかしいなぁ。うちの宿には佑ちゃんの恩恵が全然ない。」なんてぼやいてる。

やっぱりいい宿だ。


この宿には、すばらしい共同スペースがあった。
適度に広いので、共同といえどもひとりでいたい時は自分の空間を確保できた。
こういう共同スペースを持った宿はかなり稀だと思う。
センスもすばらしく何をするのにもとても居心地がよかった。
この共同スペースでご飯を食べて、大雅と絵本を読んで、夜にオリオンビールと泡盛を飲んだ。

僕の民宿にもこんな素敵な共同スペースを作りたいと思う。

このよさ、写真で伝わるといいなぁ。


 海と風の宿 : http://www.sea-wind.com/


くつろぎの共同スペース。
大雅は宿泊している人に何度も何度も同じ本を読んでもらった。
海と風の宿:大雅と松井さん
志珠の後ろには自信満々の泡盛たちが「俺では不満か?」という挑発的な態度で出番を待っていた。
海と風の宿:志珠と泡盛
自分の民宿開業を目指す音楽と自然をこよなく愛する宿のスタッフ、やっちー。(左)
公務員を辞めて日本一周をはじめたマツイさん。(中央)
バイクで日本一周をしているのに鉄オなしょーごくん。(右)
みんなで夜な夜な飲んだ泡盛は、確実に頭の中をドロドログニャグニャにしてくれた。

志珠は宿のアイドル。撮影会は深夜まで続いた。
写真1枚100円。抱っこ3分1,000円。荒稼ぎをする志珠なのであった。
海と風の宿:志珠しょうごくんやっち松井さん
目が怖い。。。
海と風の宿:やっちと松井さん
シーサーの真似なのか?
海と風の宿:大雅シーサー
看板犬のグナァちゃん。グナァは沖縄の言葉で小さいという意味らしい。
海と風の宿:志珠とグナァ

 2011_02_17



白いブリーフがマブシイ!
ちゅらうみに向かって
沖縄から帰ってきた。
やっぱり行ってよかった。みのもんたばりに『正解!』
沖縄は人も気候もあたたかく心身ともに幸せ満タンになった。
やはり見知らぬ土地に行くのはいいものだ。
そこの人、そこの自然、そこの文化、そこの食べ物、そこの空、そこの犬、いろんなものと出会える。

今回沖縄に持って行った情報といえば宿泊する3つの宿のアクセスマップ3枚だけ。とにかくまったくのノープランで「あったかけりゃいいや~」という旅だった。なのになのに、かなり充実した旅となったのは、素敵な人たちとの出会いがあったからだと思う。

次回、なんくるないさぁゆるゆる沖縄滞在記本編。
3つの宿での楽しい出会い、大雅少年の冒険、こんな民宿いいねなどを写真を交えて書いていきたいと思います。
志珠の悩殺ショットもあり!お楽しみに!
 2011_02_11




01  « 2011_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し4年目。どうしようもない旅好き夫婦。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し4年目。どうしようもない旅好き夫婦。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.