前々から行きたいな~と思ってた徳島のあすたむらんど。
行けると思った時行かなもう行けるかわからんでって思ったり、
高知のヴィレッジ行きたいとかふとよぎったり、
今月お金なかったり、
諸々直前までうじうじ揺れてたけど、
やっぱ行ってこうて気に。

天気よし!全員体調よし!!

日帰りで行けるんやけど、帰り無料キャンペーンのジャンボフェリーが昼発なので、最低限のキャンプ装備をつんで、GO!

フェリー乗る直前、またスマホ忘れたことに気付いた。
あーまたしてもやってもたー。
でも気持ちは清々しい。
近場やし土地勘だいたいわかるし。

子牛と小山羊に会いたかったから牧場へ。牧場好きな私と長男。
三女は初めての大きな動物。まだわかってないみたい、子馬のタテガミを引っ張る。

あすたむらんどの近くということで、引田でキャンプ。オートキャンプ場を通り過ぎ、田の浦野営場という海岸。
海もきれいで、芝生をきれいにしてくれていて木陰もたくさんあって、水場と簡易トイレとシャワーまであって。
砂浜にガラス片が結構あったのが気になるところ。無料のいいとろこやから、GWで飲んで騒いでする人が多かったんかな?
ちょうど来週ビーチクリーンがあるみたい。→せとうちクリーンアップin田の浦
漂着したゴミの回収促進、発生抑制、科学的なアプローチ、などを継続的に行っているアーキペラゴ。

見つけたゴミを少しだけ持ち帰りたい。

長男はお決まり夫とのキャッチボール。
長女次女は水際遊び。
三女も海に足をつけて、水際を楽しむ。前のめり。もう少し暑くなったらつかってみるのが楽しみやね。

IMGP5265.jpg
IMGP5301.jpg
かなり前のめり
IMGP5333.jpg
木陰たくさんの芝生広場!前は浜

さっさとテント設営、米を水につけて、温泉へ。
ずいぶんさっさと動けるようになったもんやなぁ(長男が)。

温泉もきれいで、「子ども風呂」があったのがめっちゃよかった。子どもたち大喜びで遊べるし迷惑にならない。
長女が三女をちょっとみててくれたりするので、私も顔を洗ったりできて助かる!
休憩所で相撲みて将棋して。

ビール買ってキャンプ場へ戻る。その5分で三女は就寝。おりこー。

お米を炊いて、夕方から夜になっていく中を、春日水神市場で買って来たお惣菜とビールで。
新月に近く、星がきれい。

「しりとりはいどうぞ」、で盛り上がったり、
子どもらは走り回ったり。
寝転がって満天の星空を見たり。
「お星様なんで落ちてこんのかなぁ。」
ほんまやね。
電気のない早い夜をめいいっぱい楽しんだ。
満足したところで歯磨き、寝袋に入れて、置いてきたら、3人でしばらくキャッキャいって急に静かに。
夫と久々に一緒にビールを飲む。

なんにも急かすことない。やらなあかんこともない。
夫の怒鳴り声もいつしか聞かれなくなっていた。
こんなの久々やなぁ。

私と三女は車中泊。
夜中は三女がちょっと泣いたけど、まずまず。
トイレに起きて、ちょうど日の出を拝めた。
熟睡とはいかなくても、いい朝。
三女も起きて、浜辺を散歩。キャンプにきていた人懐っこいキャバリエに顔を舐めまわされるも、負けずに押しのける。

小石がごろごろしているポイントに座らせると、大喜び。
感触や音を楽しんでいた。

みんな起きてきて、散歩したり石をひたすら投げたり割ったり、崖を上ったり、お気に入りのまんまるの石を見つけたり。

8時過ぎ(多分)で既に暑い。

カンタンに朝食。

遊びながら片付け。
夫と長男で撤収できるし、私が車片付けてる間は女子たちが三女をみてくれる。
10時には出発あすたむらんどまで30分。

広くて、緑いっぱいで、水遊びもできて、有料で科学館や急流すべりもあって、お金をかけずに楽しめる工夫が山ほど。
これはファミリーに人気なわけやな。
私たちは四時間いたけど、全然時間が足りないっ長女は1週間滞在したいらしい
大人も楽しかった。
あとは日曜には徳島のいろんなお店が出てればステキやなぁ。飲食やフリマ。

長男は無重力体験や育成系のゲームを楽しみ、長女次女は水遊び。
三女もいろんな刺激を受けたことでしょう。

私も科学館かなり楽しかった。

IMGP5431.jpg


二日目は夫の携帯も電源切れで使えず。
分かれて行動した際に連絡とりあえなくて困ったくらい。

こんなの今しかできないんやな。
子どもたちと一緒を楽しむ。
普通のファミリーデイなだけやねえけど、自分を押さえつけてるわけではない、我慢してない、新鮮な感覚。
いろんな情報でごちゃごちゃしてた自分をスマホPCフリーでリセットして、リフレッシュできた、いい旅になった。

仕事に行き始めるもやもやも、晴れた。


1日目 ジャンボフェリー→春日水神市場で買出し組とうどん組→ユニクロ→大山牧場→引田・田浦野営場→翼山温泉→野営場に戻り夕食、就寝
2日目 野営場で朝食→あすたむらんど→ジャンボフェリー


shiho
 2017_05_22





図書館でふと目に止まった「親子あそびのえほん」
これや!
この頃様子が気になる次女と、やってみよう
彼女だけ保育所で昼寝してくるから寝るのが遅いし、2人でできる。
今まで早寝てくれーと面倒くさくて仕方なかったけど、チャンスやん
昼間三女を一時預かりに預けて2人の時間を作ろうかと考えてたけど、わざわざ預けんでも、あるやん

なんてことはない、新聞紙を丸めたボールでバスケをするだけ。
ついでにサッカーもした。
それから、「しりとりはいどうぞ」。ジェスチャーしてはいどうぞと渡しながらしりとりをしていくだけ。
時間にしたら10分かそこら。
えらい喜んだ。少しお互いの間なんだかしこりがあるのを感じる。続けてみようと思う。

早めに布団に入って、少しだけ頭を撫でて出てきたけど、すぐに1人で寝た模様。

この頃子どもら同士でよく遊ぶし、三女の面倒をみること自体が長女次女の遊びになってるしで、一緒に遊ぶって、なかったんやなぁ。

前はしてたと思う。
うん、してた。

よかったなぁ私。


shiho
 2017_05_18



三女の保育所デビューまであと2週間!

リズム掴まなと早起き、支度も早くできたので、久々の久々に次女を保育所に送りに一緒に歩いた。



歩くはいいねぇ
みかんの花の香り
海がチラと見える

しかし帰り既にもう暑いっ
夏の気配


乳児を預けるのは初めてやし、今でもプリントや準備確認、諸々ろくにやってるかやってないかギリギリやけど、暮らしが大きく変わるので、私がなんだかナーバス。
やっていけるかの不安はない、やってくしかない。
やってくしかないんや。

昨日、自分の内側を少し感じて、今日みんな早く帰ってきてからもなんだか楽しかったー。

私に眠気が襲ってきた8時以降を除いては…
そんなもんそんなもん

上々


shiho


 2017_05_17



先月から、ご縁あって月1ベビーマッサージの講師をさせていただいている。

嬉しい♪
赤ちゃんかわいすぎる。

次女時は長女次女を連れての自分主催やったから、めちゃくちゃ楽しかったけどそれなりにタイヘンやった。
今度は呼んでいただいた形で、しかも先輩ママたちがサポートしてくれる。
三女とも一緒に新しい世界。

そしてやっぱりママと赤ちゃんが私は好き。赤ちゃんと暮らしているママに寄り添いたい。

もちろん自分も当事者なのであれやこれやおしゃべり楽しい。

人が苦手でいて、人が大好き。



shiho
 2017_05_11



去年から長女が入っていた子ども合唱団に、今月から長男も入団することに。


長女も保育所以外の人たちとも関わりあえたらいいかな、と始めた合唱。

家でも私の伴奏で一緒に練習できて、兄妹たちも大概の歌は歌える。

長男は、歌が好きで、元々3年くらい前から興味を持っていたが、そこまで、という感じやった。

それが、先日の団員募集のミニコンサートの様子があんまりにも楽しかったので、妹に続き自分もやる気に。

高松から来て下さっている指導者の先生をいっぺんに気に入った様子。

学校の真面目な先生とは違って、ユーモアたっぷりでいて熱い、素敵な先生。


火曜は学校が忙しくそれこそ分刻みのスケジュールになるのが私は気になっていたのだが、のんびり屋の彼が、それでもやりたいと言うので、やってみることに。


長女はと言えば、超がつく人見知りで、まだまわりをよく観察しているけれど、兄ちゃんがきた途端俄然強くなって張り切ってるっおもしろいね。

音ははずれまくってるけど、自分なりの美しい声を三女にきかせているからおもしろい。


次女は、早く自分も入りたくて入りたくて仕方がない。

彼女は3人のなかで一番耳がいいと思うから楽しみ。


特に何も考えずに飛び込んだ私たち、親の運営であること、本番にはリハーサルがつき物であること、送迎が要ること、と親のやることは増えるけれど、親同士の助け合い、夫の協力、留守番の下の子たちの協力で、やってこれている。


歌うってやっぱり気持ちいいし楽しい。

私も子どもの時市民合唱団に入っていたのだけれど、今思えばあれは親の運営ではなかった。地方には財源も子どもも少ないからね。

誰かと声を響かせあって歌う、これは子どもにとって、すごくいいことやと、やらせてみて感じるので、親もハマっていく。何より指導者の力量も大きい。バランス、ハーモニー、を学んでいける環境。

お陰で、習い事、歌を通して親子で一緒に楽しめる成長できる場、ありがたい限りです。


留守番組

 

私も歌うでー



shiho


 2017_05_09




04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.