ふいに時間ができた同士で、オリーブビーチに夏にオープンしたカフェtoday is the dayへ。

海の真ん前、ロケーション最高。
丁寧に淹れてくれた珈琲に、フワフワのパンケーキ。
話は、自分たちの深いぃ話。
海があって、よかった。


shiho

 2017_09_18


9月の海

Category: 島暮らし  

三女とデート。
浜でお弁当。



思いの外暑かったので、この後結局すっぽんぽん。
ちょっと冷たいみたいで、しゃがんですぐ立っち。

いつもと違って、石がゴロゴロしてる浜。
すぐそばにパン屋とブランコ。


shiho
 2017_09_13




新疆で出会った日本人の旅人で、もう長く韓国に住む友人が、島に遊びにきてくれた。

友人は執筆や翻訳が本業、奥様は書家、ご夫婦で夜にカフェ営業と、ソウルで忙しく楽しい日々を送っているよう。
雨の日珈琲店日本語ブログ
池多亜沙子

可愛らしい奥様ははじめまして。
彼女にたくさん遊んでもらって甘えて、子どもら大満足。

初日生憎の雨やったけど、次の朝は快晴。
碁石山へ案内。
私たちも久しぶり。


同じ日は二度とない、でも変わらない美しい景色。
短い時間で島のいいところ感じてもらいたくて。

お陰で私はやっぱりこの島が好きなことを確認、旅に携わるのも好き。
動いて、みてもいいな、とふと感じた。


shiho
 2017_09_08



ちょくちょく問い合わせいただきます。
わが家は~ゲストハウスはしておりません。

小豆島での、移住先さがし、家探し、島に滞在したい方は、

トティエで色々相談してみて下さい。
住んではみたけど思ってたのと違う…というミスマッチができるだけないように、親身にサポートしてくれます。
去年できたサポートセンターです。

移住ガイドツアーでご存知の方は多いですね。
移住体験施設、シェアハウス「うえむらシェアハウス」も運営されています。
うえむらシェアハウスの紹介ページ

滞在しながら交流したい方は、
有機園
ゲンザ
TEPPEN

など。

私たちは、オフシーズンのカヤックツアーに申込み、ガイドさんにみっちり相談に乗ってもらったな。
今では大切な友人。

民間のガイドツアーも数件ありますね、ガイドさんオススメスポットなどまわりながら、ガイドブックだけでは見えない部分を見てみたり。

移住はご縁の重なりやと感じます。

たくさん歩いてみるの、いいと思います。
移住者と言っても、メディアに出るようなお店をやってる人ばかりではない。
小豆島に惹かれて、周りとつながり、生きてみたい。



参考になれば。


shiho

 2017_09_05




08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し6年目。どうしようもない旅好き夫婦と一男三女。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.