赤ちゃんと冬ごもりでどんよりな今日

夫が買ってきてくれた優しいやさしい味




shiho
 2017_01_20





Tシャツデザインのお仕事。
なかなか過酷な場所での打合せ。
身体はつらいが、打合せが早く終わるというメリットも。

ボルダリング、2月11日まで土庄町フレトピアホールでやってます。
平日13時-21時 500円、土日10時-21時 1,000円、ぜひどうぞ。
※火曜日は休みのようです。

 2017_01_20



抱き上げる瞬間

そこにいる子をここに抱く

泣いていたらそうかそうかと抱き上げる
笑っていたら嬉しいねと抱き上げる

これほど幸せなことはない

それだけのことなのに大きくなると忘れてしまう

ただ愛すべき存在であると信じて、
そこにある心がわかればその心をこっちに抱き上げ
そこにある心がわからなくてもそのままそっとこっちに抱き上げよう


shiho

 2017_01_16


寒い週末

Category: 島暮らし  

週末にこの冬一番めの寒波がやってきた。

昨日は、いっぺんやってみたかった、隣町のスポーティープロジェクトの一つ、ボルダリング体験へ。
高いところには登らずにはおれない私、 これは楽しい~
島の反対側と遠く、子ども連れても預けても気軽に行けないないながら、島に遊び場増えるんは大歓迎!
また行こう
siori、寒さと人の多さにお疲れ。
付き合ってくれてありがとうね。

風があまりに強くて、屋根裏から砂が落ちて、砂だらけ…

夜は有機園さんの白菜と鈴木農園さんの豚肉で、お鍋。〆は今季初の雑炊。柔らかいご飯が嫌いな子もおかわりして食べた。あったまった~

今日は早朝からとんど。
かなりの冷え込みに暖パンに暖パンを重ねて臨む。
お参りし、高々とあがる炎をかこみ、炭でお餅を焼いてお雑煮をいただき、無病息災を願う。
これがないとね。

炎や音が怖くて陰に逃げ込んで見つめる女子ふたり

上ふたりは氷が張るなか昼まで外で遊んで帰ってきた。この寒いのに元気やなー。

午後は近所の男子が遊びにきてくれた。相撲したりカードゲームしたり外で遊んだり。たまには用事せんと私も遊んだ。楽しかったなー。
寒くて体が縮こまってるから、思い切って夫に赤ちゃんをお願いして、うちの子ふたりと近所の子ふたり連れて温泉へ。
足を伸ばしてお湯につかるのはかなり久々。もちろんゆっくりは入れんけど、Cimaを抱っこしたり、めっきり一緒に入ってないTygaとも入れてよかったーあったまったー。

帰ったら夫が疲れ果ててた。
ありがとう。

あったまったら、お乳もよく出た。

寒かったから、子どもたちは手がしわしわ、赤ちゃんは指をしゃぶるからまたしもやけ。

めまぐるしいけど、習い事や行事がまだ始まる前で、これでもゆったり充実の寒い週末。


shiho
 2017_01_15



春、長女が小学生に上がって少ししたら三女を保育所に預けて段階的に仕事復帰することを考えている。

お世話になっている保育所は、冷凍母乳を温めて飲ませることは非対応ということが判明。
搾乳した母乳をあげてもらいながら母乳を続けたいと思っていたので、待ったがかかった。

預かってもらって、仕事できるだけでなく子どもたちを一緒になって見守ってくれる大事な存在やから、ミルクが絶対嫌ではない。
というのと、
ちょうど、公立のお昼寝問題にちょっと参っていたので、お昼寝のないも私立の保育園でもいいのかな、て。
でもそこはうちはあんまり気に入ってないんー。

親の都合。
ミルクでもいいし、
お昼寝しても寝るのが遅くなることは諦めたらいい。
一方、読み書きそろばんも楽しんでその子のペースでやらせてくれるという。

結局、あれこれのメリットデメリット比較総合して決めるというより、今ある状況でいいように考えたらいいんやろけど、悩むわけ。
後ろに不安があるからかな。

どの子も、誰かとアハハと笑って自分で生活していけれるようなったらいい。

預かってもらえて、私たち親子を見守ってもらえて、なんとか生きれる。
目の前の自分の大変さしか見えなくなってるけど、お昼寝のことにしても私の思いをきいてくれできる範囲で対応して下さる先生方には感謝しかない。
母乳も仕方ない。

長女は、二年、お昼寝中は寝ないで目を開けて一時間半過ごすという対応によくがんばってくれた。お陰でかどうかわからんけど、早寝早起きさん!
もうすぐ一年生!!


shiho
 2017_01_12




12  « 2017_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:瀬戸内・小豆島の築90年になる古民家に暮らす。小豆島に引越し4年目。どうしようもない旅好き夫婦。旅するように島の暮らしを楽しみたい。

検索フォーム




PAGE
TOP.